ライター : グッチジャパン

京都の情報誌の営業・制作を経て、2018年に男性版情報誌の編集長に就任し、飲食店の立ち上げやプロデュースなどを兼務。昼夜問わず年間300軒以上の飲食店へ足を運ぶ。京都で人気のお店…もっとみる

1. ホットドックが名物「カフェポシェ」

Photo by グッチジャパン

京都駅八条口より徒歩10分。白を基調とした清潔感ある「Cafe POCHER(カフェポシェ)」は、プレッツェルバンズにぷりぷりのソーセージを挟んだホットドッグが名物です。シンプルなものからチリやアヒージョなど、10種類がそろいます。+210円(税込)でラクレットチーズをトッピングできますよ。

ほかにソフトクリームやケーキなどもあるので、ちょっとした休憩にもピッタリ。イートインはもちろんテイクアウトも可能ですよ。

ポシェドッグプレート

Photo by グッチジャパン

1,100(税込)
ホットドッグといえども、こんなに美しいビジュアルなのは驚きですね。パンのプレッツェルバンズは、外がサクッと中がもちもちふんわりで食べ応え抜群です。ソーセージはプリっとジューシーで、自家製ピクルスがいいアクセントに。生野菜や温野菜が豊富なのも嬉しいポイントです。
店舗情報

2. ホテル併設のカフェ「ダースカフェ」

Photo by グッチジャパン

京都駅中央口から徒歩10分。東本願寺近くにある1920年築の町家旅館を改装した宿泊施設併設のカフェ「DOZEN CAFE(ダースカフェ)」です。ホテルの部屋が11部屋、カフェがひとつの合計12の空間があることから、「ダース」と名付けられています。

メニューはカレーやライスボウルなどカフェランチがメイン。宿泊者はもちろん、一般の方も利用OKです。

100時間煮込んだスパイスカレー

Photo by グッチジャパン

880円(税込)
おすすめは、10種類以上のスパイスを使って100時間煮込んだカレーです。たっぷり煮込まれた牛スジが濃厚な味わいに。旨さのあとにスパイスが効いていてクセになります。大ぶりな野菜はシャキシャキ感が残っており、ボリュームたっぷりで食べ応えがありますよ。野菜もカレーもたくさん食べられるのは嬉しいですね。
店舗情報

3. 3層のラテが名物「紡カフェ」

Photo by グッチジャパン

京都駅中央口から徒歩5分、広々開放感のあるカフェ「tsumugi cafe(紡カフェ)」が2020年8月29日にオープンしました。充電器完備のソファー席やハイテーブル席など、仕事や作業もしやすい空間が広がります。

3つの層が美しい「グリーンティー・ラテ・プレッソ」や「グリーンティーマーブルチーズケーキ」が名物ですよ。

グリーンティー・ラテ・プレッソ、グリーンティーマーブルチーズケーキ

Photo by グッチジャパン

650円、350円(税込) ※ グリーンティー・ラテ・プレッソ、グリーンティーマーブルチーズケーキの順
エスプレッソ、ミルク、抹茶の3色が美しい層になっているラテ。抹茶は老舗茶処「ちきりや」のものを使用し、濃厚で上品な味わいです。3層を混ぜていくと全体がまとまり、抹茶やエスプレッソの爽やかな香りが広がっていきますよ。

チーズケーキは、抹茶・カカオ・プレーンの3層で、食べるごとに違う味わいが楽しめ、チーズの酸味とも相性抜群です。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS