ライター : panimomo

都内在住グルメライター

平日は会社員をしています。調理師の資格も保持。料理も好きで、食に対するアンテナは高め。おしゃれなカフェから喫茶店、下町の居酒屋まで、都内の素敵なグルメな情報をご紹介します!

1. まるでパリの街角!「ビストロ ドゥーブル」

Photo by panimomo

丸の内永楽ビルディング1階の路面にある、フレンチビストロ「BISTRO DOUBLE(ビストロ ドゥーブル)」。24席の広々としたテラスにある赤いパラソルやテーブルクロスが印象的で、まるでパリの街角を彷彿させる雰囲気です。店内も赤を基調としたソファ席が並び、シックで落ち着いた空気感が漂います。

丸の内永楽ビルディングは、東京メトロ大手町駅のB1番出口と直結しています。入口は外側のみのため、地下から向かう際はご注意ください。

週末限定ランチ(オードヴルとメインディッシュの2皿が選べるコース・カフェ付)

2,250円(税別) 写真は「主菜 〜牛バベットステーキ 温かいポテトのサラダ マスタードソース〜」
週末限定ランチのメインは肉や魚から。お好きな前菜とメイン、合わせて2皿を気分に応じて3種類から選べます。また、こだわりのデザートをつけて計3品を選ぶコース(2,700円税別)も。

お店自慢のハラミステーキ「バベット」は、牛肉の肉汁と赤ワインで煮込まれた料理。やわらかくジューシーな味わいが口いっぱいに広がります。

セットのお替り可能なバゲッドは、隣にある「Maison Kayser Café(メゾンカイザーカフェ)」のもの。小麦の香りと、豊かな食感が料理のおいしさを引き立ててくれますよ。

平日ランチは、すべてのメニューにサラダ・スープ・パン・デザート・飲み物が付いていてとてもおトク。また10食限定で、フォアグラ入りハンバーグをいただくことができるので、狙って訪れてみてくださいね。
店舗情報

2. 開放的なテラス「東京ビアホール&ビアテラス14」

丸の内永楽ビルディングの飲食エリア「iiyo!!(イーヨ!!)」2階に位置するのが、「東京ビアホール&ビアテラス14」です。

ビストロ風のオシャレな店内は、60席と数多く、風通しの良いテラス席は48席も。ビアホールなので、お昼からこだわりのビールが飲めるのも嬉しいですね。

焼きナポリタン

1,080円(税込)
ランチメニューは、パスタや丼、2種類のカレーなどがあります。それぞれのメニューに、たっぷりのサラダとフリードリンク付き。エスニック料理があるのも、女性には嬉しいポイントです。

香ばしいにおいとともに熱々の鉄板で楽しめるのは、お店の名物「焼きナポリタン」。シンプルな見た目ですが、具だくさんでボリュームたっぷりです。
店舗情報

3. 緑豊かな庭を望める「エーシックスティーン トウキョウ」

Photo by panimomo

「A16 TOKYO(エーシックスティーン トウキョウ)」があるのは、緑が多くオアシス的なスポット・丸の内ブリックスクエア1階。JR東京駅、有楽町駅からそれぞれ5分ほどです。JR東京駅、東京メトロ千代田線の二重橋駅からは地下通路で繋がっているので、アクセス良好ですよ。

お店は、カリフォルニアの人気レストラン日本1号店。カジュアルでオープンな雰囲気は、本店そのもの。

店内窓際席では、緑豊かなブリックスクエアの庭を眺めながら、ゆったりと食事ができます。また、ガーデンにあるテラス席も人気です。

カサレッチェ サルシッチャとズッキーニペースト

Photo by panimomo

2,000円(税別)
ランチメニューは、パスタ・ピザ・ミートボールなど。パスタとピザはそれぞれ4種類から選べ、いずれにもサラダ・デザート・ドリンクが付きます。

筆者のおすすめは「カサレッチェ サルシッチャとズッキーニペースト」です。カサレッチェとはS字カーブのパスタのこと。もちもちのペンネにレモン風味のズッキーニペーストが絡んで、さっぱりとした味わいが楽しめます。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS