ライター : 恩K

コピーライター

広島県生まれ。東京ときどき瀬戸内暮らし。 国内外の旅先で行うのは「くいしん坊!バンザイ」。現地の料理や人との出会い、野生に還ることでおりてくるインスピレーション…。そんな成分…もっとみる

1. 低糖質スイーツも!「ウェスティンデリ」

Photo by 恩K

恵比寿ガーデンプレイス内の「ウェスティンホテル東京」ロビー階にあるのが、ペストリーブティック「ウェスティン デリ」。ショーケースには、個性豊かなケーキや流行を取り入れたスイーツなどが並び、見るだけでも気分がアガります。

お店の代名詞となっているのがシュークリーム。普通のシュークリームの倍サイズほどの生地に特製クリームがぎっしり詰め込まれ、一度食べるとリピーターになるおいしさです。なので午前中に売り切れてしまうことも珍しくありません。

なお、ケーキはホテルのカフェで食べられるので、優雅なティータイムを過ごしたい方におすすめです。

低糖質カマンベールチーズケーキ

Photo by 恩K

630円(税抜)
カマンベールチーズそっくりな「低糖質カマンベールチーズケーキ」は、糖質がわずか5g!口に入れると濃厚なチーズ風味が広がります。

スポンジクラムで覆われた中身はカマンベールチーズ風味豊かなレアチーズケーキ。低糖質とはいえ甘みもしっかりあるし、どっしりとした食べ応えなので、ダイエット中のスイーツにおすすめです。

筆者が気に入っているのは、カマンベールチーズを連想させる丸い木箱のパッケージ。おしゃれ感満点なので、ギフトに喜ばれます。
店舗情報

2. 巨匠によるスイーツ「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション」

Photo by 恩K

前述「ウェスティン デリ」の目と鼻の先にあるのが、ミシュランガイドの“世界一星を持つシェフ”として知られる故ジョエル・ロブション氏のレストラン「ガストロノミー ジョエル・ロブション」。ミシュランガイドガイドの三つ星を獲得したこのレストランの地階にある「LA BOUTIQUE de Joel Robushon(ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション) 恵比寿ガーデンプレイス店」では、ロブションのケーキや焼き菓子、パンを販売しています。

店内にはバゲットといった焼きたてのパンをはじめ、フランス伝統菓子や季節を感じさせる美しいケーキなどが目を楽しませてくれますよ。

ルージュ

Photo by 恩K

648円(税込)
フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏のケーキが購入できることもあり、お店はケーキを目的に訪れる人が多いです。ショーケースにある数種類のケーキからお好みのものを選ぶシステムですが、ロブションのケーキだからそれなりのお値段では?と思いきや、意外にもリーズナブル。

筆者が選んだのは、ピスタチオのブリュレがチェリーとラズベリーのチョコレートムースに包まれているケーキ「ルージュ」。真っ赤なケーキをカットすると、ピスタチオカラーのブリュレがあらわれるサプライズ感があります。生地にはシナモンが効いたフランボワーズソースが挟まれ、フランボワーズの種のプチプチした食感も楽しめますよ。

お店の奥にはラグジュアリーなイートインスペースが用意されています。コーヒーとともにロブションのケーキをゆっくりと楽しんでください。
店舗情報

3. 焼き立てをその場で「ジェラート ピケ カフェ クレープリー」

Photo by 恩K

モコモコと着心地の良いルームウェアを届ける「ジェラート ピケ」がプロデュースしているのが「ジェラート ピケカフェ」及び「ジェラート ピケカフェ クレープリー」。恵比寿アトレ内には「gelato pique cafe creperie(ジェラート ピケ カフェ クレープリー)」があります。

お店で食べられるのは、注文を受けて焼く本格的なフレンチクレープ。お買い物の途中、クレープを手に休憩する方も多く見られます。

バターとお砂糖のクレープ(ジェラートトッピング)

490円、ジェラートトッピング160円(税抜)
オーダーが入ってからキッチンで焼かれるクレープ生地は外側がさっくり、内部はモチモチ。「バターとお砂糖のクレープ」はシンプルながら、クレープ自体のおいしさを味わうのにおすすめのメニューです。

デザート感をアップしたいときはジェラートをトッピングするのも。バター風味の生地とジェラートが溶け合い、くせになる味わいです。お惣菜系のクレープもあるので、小腹を満たしたいときオーダーしてみてはいかがでしょうか。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS