黄色みがかった野性味のある酒

逸見酒造は1868年創業の佐渡でもっとも小さな酒蔵。創業以来、製造工程のほとんどが手作りです。仕込みには貝殻層で濾過された中硬水の地下水を使い、野性味のある日本酒になります。

日本酒の通常工程である活性炭濾過をおこなわず、微妙に黄色みがかっているのが特徴。「至」は吟醸ならではの上品なフルーティーさと、旨みのバランスがいい酒です。

新潟の酒は日本酒のバリエーションを網羅している!

新潟の日本酒は地域ごとに特徴があります。気候や仕込み水の違いだけでなく、多くの酒蔵がそれぞれ特徴的な酒造りに取り組んでいるためです。

地域や酒蔵の違いを意識して飲み比べるのも、日本酒の楽しみ方のひとつ。バリエーション豊かな新潟の酒を、味わってください。
【参考文献】
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS