ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

ゴディバのリキュールがあるって知ってる?

Photo by 大山磨紗美

高級チョコレートメーカー「ゴディバ」の商品には、リキュールがあります。材料にこだわり、良質のカカオの高い香りと、職人技から作り出されるクリーミーな舌触りが特徴です。

チョコレートリキュールは、お菓子やカクテルの材料として使われることがほとんどでしたが、ゴディバリキュールはロックでも楽しめるんですよ!従来の楽しみ方に加えて、新しい飲み方で、女性の人気を集めています。

ゴディバリキュールの気になる味わいは……?

キャップを開けただけでゴディバを感じる

Photo by 大山磨紗美

ガラス製のボトルは高級感のあるデザイン。スクリューキャップをあけると、途端に濃厚なチョコレートの香りが広がります。強くて芳醇なチョコの香りは、さすがゴディバ!と納得。栓を開けるだけで感動してしまいました。

トロッとミルキーなお酒

Photo by 大山磨紗美

ロック用に大きめに砕いた氷の上に注いでいるところ。茶色がかった乳白色で、とろみのあるお酒です。

ファーストインパクトの甘さからの濃厚なチョコの香り

Photo by 大山磨紗美

しっかりと冷えたタイミングを見計らって口に含むと、最初に感じるのは強い甘さです。舌の上で温まるにつれ、濃厚なチョコレートの香りがアルコールとともに広がります。チョコ好きにはたまらないテイストです!

ゴディバリキュールのアルコール度数は15度と高め。甘いうえに口当たりがいいので、1杯でも思った以上に酔いを感じました。

おすすめの飲み方&アレンジ方法

アイスティーにゴディバリキュール

Photo by 大山磨紗美

氷で満たしたグラスに濃い目に抽出した紅茶を入れ、ゴディバのチョコレートリキュールを注いで軽くステアします。

ゴディバのチョコレートリキュールはクリーム系。相性が良いとされるコーヒーで割ると、チョコの甘みとコーヒーのほろ苦さのあるキリッとしたおいしさが楽しめますが、紅茶で割るとすっきり飲みやすくなります。

甘酒にゴディバリキュール

Photo by 大山磨紗美

甘酒割りは、発酵健康アドバイザーの筆者おすすめの飲み方。一般的には牛乳で割るのが定番ですが、甘酒で割ると麹の甘みが加わり、トロトロッとした滑らかなカクテルになります。

しっかりと冷やした甘酒をグラスに入れ、ゴディバのチョコリキュールをゆっくり注ぐだけ。氷を入れないほうがとろみを感じられます。寒い季節には、甘酒を温めてホットでどうぞ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS