ライター : macaroni編集部レポート

macaroni編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

テイクアウトできる!NY生まれのラーメンブランド「黒帯」

Photo by 株式会社力の源ホールディングス

2020年8月4日、渋谷に新しくオープンした商業施設「MIYASHITA PARK(ミヤシタパーク)」。同施設内のフードコートに逆輸入系ラーメン「黒帯」が日本初上陸!

「黒帯」は、2014年にアメリカ・ニューヨークで誕生し、現在アメリカ国内に6店舗、シンガポールに1店舗展開しているお店。鶏白湯(とりぱいたん)のラーメンが主力商品のブランドです。

日本第1号店では、鶏白湯ラーメンを中心にさまざまな鶏を使ったメニューを用意。海外の「黒帯」店舗同様、アメリカのラーメン文化では一般的となっているテイクアウト式が導入されています。

テイクアウトできるのがポイント

Photo by macaroni

陶器の丼ぶりは使用せず、持ち運びやすく手軽に食べられる紙カップを使用。フードホール内ではもちろん、テイクアウトをすれば、自宅や職場などに持ち帰って楽しむこともできますよ。

おすすめラーメンメニュー

黒帯

Photo by macaroni

まろやかで濃厚な鶏白湯スープに太いちぢれ麺を合わせ、しっとりとした鶏チャーシュー、半熟煮卵、ネギ、フライドオニオンチップをトッピング。さらにブラックペッパーを使用した香油をたらしてアクセントをプラスした、各国「黒帯」店舗の看板商品です。

Photo by macaroni

太めのちぢれ麺が食べ応えあり!鶏白湯スープとはいえ、動物系の濃厚な深みを感じます。低温調理された鶏チャーシューのやわらかさもたまりません。

茶帯

Photo by 株式会社力の源ホールディングス

「黒帯」の鶏白湯とは異なる、すっきりとした鶏清湯(とりちんたん)スープのラーメンです。麺は「黒帯」同様太いちぢれ麺を使用し、あっさりとしながらも食べ応えは充分!やさしい味わいで、すっきりタイプのラーメンがお好きな方にもおすすめです。

ラーメンをもっと手軽に味わおう

Photo by macaroni

ニューヨーク生まれのラーメンブランド「黒帯」。味はもちろん提供スタイルも一緒に逆輸入されるので、日本でも気軽にラーメンを楽しめるようになっています。ぜひ、味わってみてくださいね。

店舗概要

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS