ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

現役女子学生。macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく…もっとみる

ティー専門!スターバックスの新業態が誕生

※画像はイメージです
この夏、スターバックスの新業態となる店舗が誕生。「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」が、色鮮やかで香り豊かなティーを多彩なビバレッジで展開する店舗としてリニューアルオープンします。

オープンはいつ?

「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」は2020年7月1日(水)にオープンします。

スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店

Photo by スターバックスコーヒージャパン

“Special Tea Time” (スターバックスのティーで心にゆとりを)をコンセプトにお客さんの気分に寄り添う、多彩なティービバレッジを提供。人々が行き交う六本木エリアに居ながら、心にゆとりを感じるティータイムを過ごせます。

Photo by スターバックスコーヒージャパン

店内は明るい木目調。ビバレッジの鮮やかな色や、本格的なティーが放つ、心癒す香りを存分に楽しめる空間ですよ。座席の数は49席、外部席36席とゆったりとしています。

※開店日より当面の間は、セーフティーオペレーション実施に伴い減席で営業

なぜ、ティービバレッジ専門……?

じつはスターバックスが、1971年にアメリカでの創業当時に掲げていたブランド名は「Starbucks Coffee, Tea and Spices」。

その名の通り、コーヒーやティーの量り売りからスタートしたスターバックスは、コーヒーに並ぶ主力メニューとしてさまざまなティービバレッジや商品を提案し続けてきました。

さらに、スターバックス コーヒー ジャパンは “抹茶” “ほうじ茶” といった日本に馴染み深いティーを使ってスターバックスらしいラテやフラペチーノ® など新しいティー体験を開発、提案。日本の新しいティー文化のひとつとして定着させてきました。

このことからティーに改めて着目し、今まで以上に価値を高めていきたいという想いから今回のオープンに繋がったそう。

ティービバレッジのラインアップ

Photo by スターバックスコーヒージャパン

同店舗で提供するティービバレッジは、「ティー クリエイション」「ティーラテ」「ティーフラペチーノ®」です。

「ティークリエイション」シリーズ

スターバックスのイノベーションハブ「スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京」にある TEAVANA™(ティバーナ)バーの商品からインスピレーションを受けて新たに開発された 「ティー クリエイション」。

ティーにぴったりのフルーツをふんだんに使用したティービバレッジです茶葉の個性と華やかなフルーツの組み合わせが特徴。
Photos:15枚
スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店の外観
スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店の内観
スターバックスコーヒーのTEAVANA™(ティバーナ)の文字とティー
ゆず&シトラス ラベンダー セージ ティー(ホット/アイス)のイメージ
ストロベリー&パッション ティー(ホット/アイス) のイメージ
トロピカル マンゴー パッションフルーツ&ティーのイメージ
ゆず&シトラス ラベンダー セージ ティー フラペチーノ®のイメージ
ストロベリー&パッション ティー フラペチーノ®のイメージ
トロピカル マンゴー パッションフルーツ&ティー フラペチーノ®のイメージ
和三盆 抹茶 フラペチーノ®
和三盆 ほうじ茶 フラペチーノ® のイメージ
クラシックティー ラテ フラペチーノ®のイメージ
和三盆 抹茶 ティー ラテ(ホット/アイス)のイメージ
和三盆 ほうじ茶 ティーラテ(ホット/アイス)のイメージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS