ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

成城石井の人気上位スイーツ

Photo by muccinpurin

成城石井のひそかな人気アイテム、五三焼カステラ。スイーツやパン、ジャムなどの影に隠れがちですが、成城石井のスタッフもおすすめするアイテムなのだとか。

安定した人気を誇る成城石井の五三焼カステラの魅力を改めてお伝えしていきます♪

安定のおいしさでファン多し!

「カステラは成城石井に買いに行く」という人もいるほど、高い人気を誇る五三焼カステラ。成城石井のロングセラー商品だけあって、根強いファンが多いようです。

卵、砂糖、小麦粉などシンプルな材料で作られるカステラ、その味わいが気になりますね……。

成城石井「五三焼カステラ」

Photo by muccinpurin

成城石井「五三焼カステラ」590円(税別)
「五三焼カステラ」という名前の由来は諸説ありますが、卵黄5に対して卵白3という比率からきているという説が有力です。コクのある卵黄を多く使うことで、しっかりと濃い味わいのカステラができるというわけですね。

ちなみに、成城石井のカステラは国産小麦粉と国産卵を使って焼き上げられています。さらに、通常はしっとりさせるために蜂蜜のみを使うことが多いなか、成城石井のカステラはもち米飴という最高級水あめが使用されているんです。しっとり感が気になりますね♪

カットされているので包丁いらず♪

Photo by muccinpurin

しっとりふっくらとしたカステラは食べる分にはおいしいものの、うまく切るのがむずかしいんですよね。ナイフがべとついて焼き色にひびが入ったり、同じ大きさに等分するのもひと苦労。

その点、成城石井のカステラはあらかじめ5等分されているので、すぐに食べられて便利。厚みもまったく同じなので、子ども同士で大きいサイズの取り合いになることもありません。美しく均等にカットされたカステラは、来客用のお茶菓子にもぴったりですよ。

サイズ的には一般的なカステラの約半分なので、カステラを1本買っても余らせてしまうという方にも安心な、食べきりサイズなのもうれしいですよね。

しっとりふっくらやさしい甘さ

Photo by muccinpurin

蜂蜜ともち米飴を使っているだけあって、しっとりした焼き上がり。卵黄をたっぷりと使った、黄身が強い生地と一切ムラのない焼き色のコントラストが美しく、プロの仕事に感心してしまいます。

カステラの醍醐味である底の焼き色もしっかり付いていますね。この部分が甘くておいしいので、個人的には真っ先に食べてしまいます。ザラメを散りばめて焼かれる場合もありますが、成城石井のものはザラメなしでした。

卵のコクしっかりの素朴な味わい

Photo by muccinpurin

昔ながらのシンプルな素材だけで作られるカステラは、香料も使っていないので卵や蜂蜜の香りをダイレクトに味わえるのが魅力。カステラならではの “卵くささ” は、どこか懐かしく、子どもから大人まで幅広く愛される理由なのではないでしょうか。

しっかりとした甘さがありつつ、卵のコクも感じられるので、最後まで飽きずに食べられますよ。濃い目に淹れたお茶やコーヒーがあれば、おやつタイムがより充実したものになりそうです。

Photo by muccinpurin

健康志向の流れを受けて甘さ控えめのお菓子も多く登場するいま、しっかりと甘く満足感のあるカステラを久しぶりに食べた気がします。昔ながらのお菓子がいまも愛される理由は、食べれば納得できますよ。

カステラと聞くとお土産でいただくか、わざわざ和菓子屋さんに行かなくては買えないイメージが強いですが、成城石井で手に入るなら、もっと気軽に食べることができそうですね。

※蜂蜜を使用しているので、1歳未満の乳児には与えないようご注意ください。
Photos:8枚
白い皿にのせられた成城石井のカステラ
成城石井の五三焼カステラのパッケージ
カットされたカステラ
カステラの底紙をはがした様子
半分にカットしたカステラ
フォークでカステラをカットする様子
成城石井の五三焼カステラのパッケージ
白い皿にのせられたカステラ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS