ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

日本初のノンアルコールスピリッツ「のん」が誕生!

Photo by muccinpurin

2020年5月7日(木)、日本初となるノンアルコールスピリッツ「のん THE NON-AL SPIRITS」が誕生しました。

クラフトコーラを手がけるTOMO's CRAFT 古谷知華さんと、レモンサワーブームの火付け役でもあるThe Open Bookのオーナー・田中氏が手掛けた「のん」は、世界中から集めたボタニカルを使い、華やかで広がりのある香りや風味を表現。ここ数年、ノンアルコールドリンクそのものが注目を浴びており、この度発売された「のん」も、発売前から業界内外で期待の声が聞こえていました。

ランチタイムや仕事の合間にも楽しめる、可能性を秘めたノンアルコール飲料を試飲し、レビューします♪

TOMO's CRAFT 古谷知華さん手掛ける「のん THE NON-AL SPIRITS」

Photo by muccinpurin

この度発売された「のん」は、お酒を飲む人もそうでない人も、同じものをたしなむことで心が満たされる、新しいジャンルのノンアルコールづくりを目指して作られました。

世界中から集めた天然素材が抽出、発酵、蒸留という工程を経て、これまでになかった風味や香りをギュッと凝縮。「バリエーションが少ない」「もの足りない」といった、ノンアルコールにありがちなネガティブな部分を補うのにふさわしいドリンクです。

2種のフレーバーを展開

洋:青い楽園

Photo by muccinpurin

のん -THE NON-AL SPIRITS-「洋:青い楽園」500ml/3,200円(税込)
ジュニパーベリーやラベンダー、ジャスミンで華やかな香りを演出した「洋:青い楽園」。オレンジやライム、シナモンも入り、華やかで夢見ごこちな味わいが魅力です。

和:緑の秘境

Photo by muccinpurin

のん -THE NON-AL SPIRITS-「和:緑の秘境」500ml/3,200円(税込)
柚子やほうじ茶を使った「緑の秘境」は、山椒の香りがピリッと大人な印象。奥深く神秘的な和の味わいが魅力です。

いずれの種類も、飾っておきたくなるようなスタイリッシュなボトルデザイン。お気に入りのグラスとおしゃれな「のん」があれば、ゆったりとした上質な時間が過ごせそうです。

2つのフレーバーを飲み比べ

スパイシー&華やか「洋:青い楽園」

Photo by muccinpurin

グラスに注いだ瞬間、カルダモンやシナモンのスパイシーな香りがふわっ。数種をブレンドしたスパイスは、暑い季節にもスッと汗が引きそうなさわやかな香りです。

まずは、のん本来の味を楽しむためにトニックウォーターで割ってみました。ジャスミンやラベンダーの華やかな香りが心地よく、気分を落ち着かせてくれます。

アルコールには多少の甘さがつきものですが、まったく甘くないので料理の味を邪魔せず食事の席でも楽しめそうですよ。

グレープフルーツで華やかなモクテル

Photo by muccinpurin

公式サイトに掲載されていたグレープフルーツジュース割が気になり、フレッシュのグレープフルーツを沈めてみました。果肉をつぶしながら飲み進めると、グレープフルーツのほろ苦い酸味が溶け出し、夏のムシムシした不快さも吹き飛ばす爽快感を体験できます!

ピンクとホワイトのグレープフルーツを使えば、見た目も華やかに。すっきりとした飲み心地は、朝の目覚めの一杯にもぴったりですよ!
Photos:10枚
2本並んだノンアルのん
テーブルに置かれたノンアルコールスピリッツのん 洋:青い楽園、和:緑の秘境
テーブルに置かれた「のん 青い楽園」
テーブルに置かれた「のん 和:緑の秘境」
のんが注がれたグラスを手に持って傾ける様子
グレープフルーツの果肉を沈めたグラス
グラスにトニックウォーターを注ぐ様子
大葉をちぎって入れたグラスを混ぜる様子
テーブルに置かれたノンアルコールスピリッツのん 洋:青い楽園、和:緑の秘境
2本並んだノンアルのん
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS