【特別授業】macaroniフードスタイリストに聞く、スタイリングが上達する3つのポイントは?

マカロニのカメラマン・さねやんが教える、ほんとは秘密にしておきたいフォトテクニックをご紹介!今回は、macaroniのディレクター兼フードコーディネーター・みかりんにスタイリングのコツを聞きました。ここだけでしか見られない、料理写真撮影のヒントを連載でお伝えします。

2020年6月25日 更新

ライター : chansane

広告、新聞、雑誌などさまざまなジャンルの写真と関わってきたカメラマン。 趣味はソフトクリーム探訪。

教えてくれた人

macaroni 編集部 チーフ企画ディレクター / みかりん @m_krin
macaroniのディレクター兼フードスタイリスト。製菓学校で学んだスキルや飲食店勤務の経験を活かし、次々と人の心に寄り添う企画を生み出す「小さな巨人」。時折ノリで作るまかないがとんでもなくクオリティが高い。

自炊の回数が増えたからこそ知りたい「フードスタイリングのイロハ」

こんにちは! macaroniのカメラマン・さねやんです。写真を撮ることも、料理を作ることも大好きだけど、恥ずかしながらスタイリングセンスは壊滅的なわたし…。スタイリングがうまくいかず泣く泣くSNSにアップできなかった写真も数知れず。

「でもきっと、同じ悩みを抱えてる人っているのでは?」ある日そう思い立ち、企画からスタイリングまでこなす敏腕ディレクター・みかりんに、スタイリングとは何ぞや、とたずねると、思わず納得、でもとってもシンプルな答えが返ってきました。

「おしゃれなアイテムや料理が揃っていても、なんだか微妙になっちゃう…」そんなスタイリング難民たちに向けた、スタイリングのコツをみかりんと撮影した写真とともに紹介します♪

ポイント①主役を決めて、不自然な物を入れない

み「料理写真は、何よりも『おいしそう!』と思ってもらうことが一番だと考えています。使いたいお皿があったり、お花やグリーンを入れたくなったりと、やりたいことが次々と出てきてしまうけど、主役を際立たせるということはいつも意識しているポイントです!」

Photo by chansane

「たとえば、このトーストの写真。蜂蜜のシズル感(食欲を刺激させる感覚)を際立たせたいから、バックのお皿は主役を邪魔しないお皿にしたいな、と考えました。シンプルな構図だから装飾や模様のあるおしゃれなお皿を使いたくなるところだけど、とろりと垂れた蜂蜜がきれいに見えるのはやはりツルッとしたスタンダードな器。何か特定の見せたいものが決まっていたら、思い切って他の色や質感を省いた方が絵がスッキリします」

Photo by chansane

み「この写真の主役は言わずもがなパウンドケーキ。パウンドケーキのおいしそうに見えるポイントは『カットした瞬間』『アイシングのしゃりしゃり感』だよなと思い、急いでアイシングを用意し、ケーキを切り分けてぱたっと倒した構図にしてみました。その構図を生かすために、カッティングボードもシンプルなものをチョイスし、お花や小物もほとんど使っていません。アクセントが欲しかったので、レモンの皮を削って使っているんですが、ちょっと黄色が入るだけでアイシングが更に際立っていると思います」

主役がない場合は?

「とはいえ、テーブル全体を見せたいときのように、主役がない場合もありますよね。なので、いつも最初に『料理を見せたいのか(主役がひとつ)』『世界観を見せたいのか(全体が主役)』を決めるようにしています」

Photo by chansane

み「この写真は“パン時間を楽しむ”がテーマで、主役を作らず、世界観丸ごとを見せるつもりでスタイリングしたもの。20代後半〜30代の女性が、お気に入りのパン屋でパンを買って休日にひとりで楽しんでいる姿を想像して作りました。好きなパン屋で買ったパンだし休日だし、いつもよりちょっとおしゃれなサラダやジャムを添えたくなるだろうと考え、そのイメージに合った小物を選びます。

脇に写るジャムヘラ一つでも、100円均一で買ったような物を使えば、そこだけで世界観が崩れてしまう。テンションが違うものがひとつあるだけで、違和感が出てしまうんです。このことについては次のポイントでより詳しく説明しますね」

ポイント②キーワードをヒントに食器の質感や色合い、テイストを揃える

み「『スタイリングがなんだかまとまらない』の原因は、食器の質感や色合い、テイストがそろってないからかも?表したい世界観をキーワードで考えてみるといいかもしれません」

Photo by chansane

み「まずこの写真。フルーツサンドというワードに対して最初に浮かんだキーワードとしては『洋』『特別感』。ちょっと『品のいい』っぽいスタイリングにしたいなと思い、作っていきました。

すでにフルーツサンド自体に『品のいい』感じがあるけれど、ツヤツヤした白の器を合わせればもっと引き立つし、『特別感』ならやっぱりゴールドでしょう!ってことでカトラリーもゴールドです。例えばこのスタイリングの中に土っぽい器が使われていたり、木のフォークが添えられていたりすると、ちょっと古民家カフェ感が出ますよね(それはそれで可愛いんですが)。これはツヤツヤキラキラな雰囲気になるようにスタイリングしました」

Photo by chansane

「次にベトナム風のおにぎりをお弁当に詰めたこちら。実は買ってきたお惣菜をまるごと移しかえてスタイリングしました。キーワードを挙げるなら『ベトナム』『アジア』ですね。

そうなると、お弁当箱は曲げわっぱよりアルミのほうが合うし、アジア雑貨っぽい濃いめの木や竹の質感に近いものがあると“ぽさ”が出ます。アジアならカラフルな器もありなのですが、このお弁当に付いていたお花やおにぎりがすでにカラフルなので、その食べ物(主役)を引き立たせるために色味を省いています。左上のグラスは透明でどこにでもあるようなグラスですが、空間を埋めたかっただけなので、良い意味で存在感を無くしています。ここに高そうなグラスを使うと、今回の庶民的なアジア弁当の世界観から浮いてしまいますしね!」

ポイント③構図は几帳面気味に

み「几帳面気味に、というのはつまり写真の左右四隅のバランスを均等にするということです。スカスカすぎる場所も作らないし、一箇所に物を集中させたりもしない。そうすることで写真全体がきれいにまとまります

Photo by chansane

み「こちらはポイント②に登場したお弁当の別スタイリングバージョン。左右対称という話だと、透明のグラスはないのが正解なんですが、奥がややスカスカになってしまいます。お皿だけだと寂しいので、食卓感を出すためにここでも透明グラスを配置しました。

おにぎりやお花のカラフルさを際立たせるために白い器という選択も無しではないのですが、小綺麗にまとめすぎずアジアの楽しい雰囲気を取り入れたかったので、イエローでモダンベトナムなスタイリングにしています。

ただ、家だとお皿も無限にあるわけではないですし、まずは色味を揃えるとか、質感だけは近いものを使うとか、ある物で引き算をしながらやってみると良いかもしれません

Photo by chansane

「この写真も、結構考えて作った構図です(笑)。テリーヌとプリンの2つをまとめてスタイリングしたかったんですが、長皿だと横に長くなってしまうし、1枚に綺麗におさめたかったんです。物は2つですが、テリーヌのひと口を切り出して3点にすれば、写真の四角の中でうまくまとまるんじゃないかと思いました。これなら、ケーキの断面も見えるのでしっとり感が伝わっておいしそうじゃないですか?(笑)

ただテリーヌとプリンを並べるより躍動感も出ますよね。小物やお花で動きをつけず、主役の形を変えたり手を加えることで、こういった演出もできます。リアルな感じが好きなので、フォークに付いたクリームもあえてそのままです。

画面に満遍なく物を配置することで、あちこちに目がいかず、まとまった美しさが出る気がします!」
Photos:8枚
ショートカットの女性の横顔
ハニートースト
パウンドケーキ
パン時間
フルーツサンド
ベトナムべんとう
ベトナムおにぎり
抹茶テリーヌ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS