脂身を取る

豚ロースの白い脂身の部分は、脂質が多く高カロリー。大きめの脂身部分は、加熱前に取り除いておくことで、カロリーを抑えられます。「取り除くなんてもったいない」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、細かく残った脂身の部分だけでも十分にコクが出るため、おいしく食べられますよ。

調理方法を工夫する

豚ロースに含まれる脂質は、加熱により溶け出るため、加熱方法を工夫することでカロリーをカットできます。溶け出てきた脂をしっかりと落とせる、「ゆでる」「網焼き」などの方法を取り入れましょう。また油を使わずに加熱ができる、「蒸す」「電子レンジで加熱する」といった方法もおすすめです。(※7)

ダイエット中に豚ロースを食べるときのポイント

脂身の少ないものを選ぶ

脂身を取り除いてカロリーカットする方法をご紹介しましたが、「脂身を1枚1枚取るのは面倒……」という方もいらっしゃるのでは?そんな方は、豚ロースを購入するときの選び方を意識してみましょう。できるだけ白い脂身の部分が小さく、赤身肉の部分が大きいものを選ぶと、それだけでも脂質をカットできますよ。

揚げ調理を避ける

豚ロースをゆでると、脂が湯に溶け出すことでカロリーカットできます。また「網焼き」は、直火で溶かした脂が落ちることで、ヘルシーに仕上がる方法。

その一方で要注意なのが「揚げる」調理法。大量の油を使って加熱する揚げ物は、脂質の量を増やし、かえってカロリーが高くなってしまうので、ダイエット中は避けましょう。またご自宅で作る食事だけでなく、外食やお惣菜のときも、揚げ物を控えるのがおすすめです。(※7)

食べ合わせを工夫する

にんにくや玉ねぎに含まれるアリシンは、豚ロースに含まれるビタミンB1の吸収率を高めます。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える役割があるので、ダイエット中は積極的にとりたい栄養素。玉ねぎを具材として使ったり、にんにくで香りづけする料理を取り入れてみましょう。(※3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ