ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

「BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル」が誕生!

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

2,420 円(税込)
昭和・平成の世に出た各企業の「ヒットプロダクト」を、BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)の最新技術でキット化するブランド「BEST HIT CHRONICLE(ベスト ヒット クロニクル)」。今回は日清カップヌードルとコラボです!

“日清食品が販売している「カップヌードル」を組み立てる” という新感覚を体験できるプラモデル「BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル」が、カップヌードルの誕生日である2020年9月18日(金)に発売されます。

“本物” へのこだわり

3Dスキャンでリアルに再現

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

麺塊は実際に3Dスキャンすることで形状を再現。お湯を注いだ麺が自然とほぐれて均等に水分を吸収する、上部の密度が高く、下部の密度が低いというカップヌードル特有の「疎密麺塊構造」をも踏襲し、よりリアルな造形を実現しています。

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

具材についても、麺塊と同じく3Dスキャンにて形状を再現。実際の商品同様「たまご」「エビ」「謎肉」をひとつひとつ設計してパーツ化しています。ネギは「バラン」を帯状にして付属することで、お好みの量・大きさで刻むことができますよ。

中間保持構造も楽しめる仕組み

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

さらに、カップの側面は取り外しが可能で、普段は見ることができない「中間保持構造」も楽しめます。

こだわりのカップデザイン

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

半世紀不変の慣れ親しんだカップデザイン。特徴的な金色の破線模様をもパーツ分割で再現。パーツが噛み合い破線模様が浮き出る構造です。また、カップ内部には、内側のお湯の注ぎラインまでも再現しています。

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

さらに、注意表記、成分表記、アレルギー表記からお客様相談室の案内まで、「カップヌードル」のパッケージに印刷されたすべての文字を精密なモールド、フォントで再現しています。文字色再現用のシールも付属。また、塗料を流し込み “墨入れ” をする模型ならではの楽しみ方もできます。

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

「CUP NOODLE」のロゴは、「カップ下地の白」「ロゴのフチの赤」「ロゴの 文字の白」の3層構造でパーツを重ね合わせていくことで組みあがる構造です。シールではなく成形色での色分けにこだわり、自らの手でロゴを組み立てていく新感覚が味わえます。

新感覚のプラモデルを楽しもう

Photo by 株式会社 BANDAI SPIRITS

幼いころから食べてきた食品を、自らの手で “組み立てる” ことで、「こんなにも考えられた構造をしていたのか!」と“ 新たな発見” が見つかるかも!?

おいしく食べるだけではなく、作ることの楽しさもカップヌードルで味わってみてくださいね♪

商品概要

BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
■価格:2,420円(税込)
■対象年齢:15歳以上
■サイズ:全高約108mm(1/1スケール)
■セット内容:成形品14枚、フタシール、カイナスシール、ネギ再現用バラン、取扱説明書
■素材:PS、ABS
■パーツ数:全62パーツ
■販売ルート:全国のホビーショップ、玩具店、家電店・量販店のホビー・玩具売場、インターネット通販、日清食品グループオンラインストアなど
発売月:2020年9月18日(金)発売予定
Photos:8枚
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
BEST HIT CHRONICLE 1/1 カップヌードル
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS