在住ライターが厳選!和歌山市で人気のおしゃれカフェ6選

この記事では、和歌山在住ライターがおすすめのカフェをご紹介。ハイセンスなお店や、幅広いシーンに合わせて利用できるお店などを、厳選しました。地元の方から観光の方まで、おしゃれなカフェに行きたい方は参考にしてみてください。

2020年7月6日 更新

ライター : maimunah

フリーライター

和歌山市出身のフリーライター。オシャレなカフェにいくことが大好き!地元のお店から、関西のカフェ情報をお届けします。

1. 和歌山城が一望できる「ブリングブックストア」

Photo by maimu nah

「BRING BOOK STORE(ブリングブックストア)」は、食事・お茶・デザートを楽しみながら、読書ができると話題のブックカフェ。本棚に置いてある本は購入することができます。

開放的で静かな空間なので、落ち着いた時間を過ごしたい方にぴったり!テラスからは和歌山城を一望できますよ。店舗は「和歌山県立近代美術館」の中にあるので、観光スポットとしても話題となっています。

スパイスキーマカレー

Photo by maimunah

850円(税抜)
人気メニューは「スパイスキーマカレー」。スパイスによるピリッとした辛さとコクのある味わい深さに、リピーターが続出しています。ミニサラダが付いているのも嬉しいですね。

ハンドメイドシロップジュース(梅シロップ)

Photo by maimunah

420円(税別)
食後には、和歌山名産・梅干しをドリンクで楽しめる「ハンドメイドシロップジュース」がおすすめ。ドリンクの上には梅干しがのせられており、スッキリとした爽やかさであと味も最高!

おいしいランチや落ち着いたカフェタイムを楽しめる、和歌山に数少ないブックストアです。店内の席数は少ないですが、その分ゆったりと過ごせる穴場ですよ。
店舗情報

2. 贅沢な和食ごはん「食堂ことぶき」

Photo by maimu nah

「食堂」という気軽さと、店づくりから漂うおしゃれさを兼ね備えている「食堂 ことぶき」。

以前は「ti.po(ティポ)」という店名で、野菜を中心としたヘルシーランチが人気でしたが、2017年8月さらにパワーアップしてリニューアル。旬食材のおいしさを活かした料理をテーマに掲げる、予約殺到の人気店です。

ほうじ茶クリームチーズかき氷

1,000円(税別)
暑い季節に食べたくなるかき氷ですが、「食堂ことぶき」では、年中食べられると話題に。

ふわふっわなかき氷にほうじ茶のシロップをふんだんにかけ、クリームチーズを贅沢にのせた和テイストな「ほうじ茶クリームチーズかき氷」は、小さなお子様からお年寄りまで幅広く大人気です。和と洋のマッチングがおいしくて、一度食べるとトリコになるリピーター続出!

ランチ時間は予約で席がいっぱいになるので、カフェタイムが狙い目ですよ。季節によってシロップや値段が変わるので、何度も通う楽しさがあります。

ホットケーキ

600円(税別)
もうひとつの看板メニューは、分厚い「ホットケーキ」!「ti.po」時代からの看板メニューで、今もなお不動の人気を誇っています。20分かけて焼き上げており、材料にもこだわったやさしいホットケーキです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS