「チョコラーテ」を作る際のこだわりを教えてください。

山口:カステラの生地に、ココアパウダーではなく、カカオマスを入れております。パウダーよりもチョコレートのほうが手間がかかり、焼き上げもむずかしいですが、本物のおいしさの追求に手間は惜しむわけにはいきません。

さらに2018年より、秋からの期間限定で、一層濃厚な「チョコラーテ クラシック」を販売しております。

Photo by 嶋田コータロー

パウダーではなく専用のチョコレートが使われている「チョコラーテ」。その味わいから、チョコレート選びへのこだわりを感じます。

チョコのコクとなめらかさがあり、リッチな気分を味わえますよ♪ カステラの風味とチョコレートをしっかり楽しめる絶妙なバランスで、カステラ好きにはぜひ食べてもらいたいひと品です。

3. 気品のある“和”カステラ「抹茶カステラ」

Photo by 嶋田コータロー

抹茶カステラ 0.3号 594円(税込)
続いては抹茶カステラ。チョコラーテだけではなく抹茶カステラも、厳選された素材で作られています。

「抹茶カステラ」を作る際のこだわりを教えてください。

山口:こだわりの抹茶を生地に加え、一枚一枚を手作業で焼き上げています。抹茶には、お茶の名産地として知られる宇治の玉露と煎茶を使います。このふたつの茶葉を独自に混ぜ合わせることで、お茶の風味や味に広がりを持たせているんです。

Photo by 嶋田コータロー

お茶の葉には熱を加えずに、石臼で丁寧に挽いてあるため、抹茶本来の香りを楽しめます。食べ進めるごとに、抹茶の風味をしっかり感じられるカステラ。それでいて、カステラらしい卵の味わいもしっかり残っているので、最後までおいしく食べられますよ。

松翁軒の喫茶で優雅なカステラタイム♪

Photo by 松翁軒

紹介した3種類のカステラは、松翁軒のお店でも食べることができますよ。松翁軒の本店には「喫茶室セヴィリヤ」が併設されているので、長崎観光の途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

メニューには、コーヒーまたは紅茶付きの「カステラセット」(税込750円)や「五三焼カステラセット」(税込1,000円)などがあります。また、長崎の名物「ミルクセーキ」(税込800円)もあり、人気のひと品だそうです。

「お子様も大歓迎です!」と山口社長が話しておられましたので、家族で気軽に立ち寄れますよ♪
店舗情報

「かわいいカステラ」の商品情報

賞味期限

製造日より19日

購入できる場所

松翁軒の各店舗、JR長崎駅、JR博多駅、長崎空港
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ