ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

チェコ発祥のビール!ピルスナーとは?

麦芽とホップを原材料にして醸造される、チェコ・ピルゼン地方原産の淡い黄金色のビールがピルスナーです。低温で長時間発酵させた酵母が沈むことから、下面発酵と呼ばれる製法で造られるラガーの一種。すっきりした味わいとホップの爽やかな苦みが特徴です

アルコール度数は4~5%が一般的で、よく冷やして爽快感を楽しむ飲み方が多くの人に好まれています。いまでは世界のビールの主流となっていて、日本で造られるビールの大半がこのピルスナースタイルです。

ピルスナー誕生の歴史

チェコのボヘミア地方はホップの名産地で、ピルゼン地方も古くからビール造りが盛んな土地柄。19世紀半ばに南ドイツから醸造家を招いて、独バイエルン地方のローカルビールであったラガーを、ピルゼンにて醸造したのがはじまりです。

すっきりした味わいと黄金色のきれいなビールが誕生し、そのときに商標登録されたブランドが「ピルスナー・ウルケル」。これがピルスナービールの元祖とされます。

ピルスナーは冷やしたほうがおいしい!

ピルスナーを含むラガータイプのビールは常温のままより、しっかり冷やして飲むほうがおいしくいただけます。ホップの苦みと爽快感が持ち味で、冷やすことで一段と喉ごしがよくなるためです。

温度の目安は4~9℃が最適とされ、冷蔵庫で3~4時間ほど冷やすとちょうどいい頃合いになりますよ♪

おすすめピルスナー!人気の通販商品3選

1. ABインベブ「ピルスナー ウルケル」

ITEM

ピルスナー ウルケル 24本入り

¥7,000

原産国:チェコ アルコール度数:4.4% 容量:330ml

※2020年4月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ピルスナーを語るうえで、一度は飲んでおきたい本家本元のピルスナーウルケル。いまもチェコ産の原材料だけにこだわり、昔と変わらぬ伝統的な製法で造られています。モルトのまろやかな甘みとホップのほろ苦さ、スパイシーで花のような香りをあわせ持つ、バランスのいい味わいが人気です。

2. 横浜ビール「ピルスナー瓶」

ITEM

横浜ビール ピルスナー瓶 24本入り

¥12,672

原産国:日本 アルコール度数:5.5% 容量:330ml

※2020年4月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
日本最初のビール醸造所ができたとされる横浜で、クラフトビール造りをしている企業の製品です。チェコ産アロマホップと伝統の醸造法にこだわる、典型的なボヘミアンピルスナー。麦芽の甘みとホップの苦味、華やかな香りで、飲んだあとまで余韻が残ると評判になっています。

3. 金しゃち「ピルスナータイプ」

ITEM

金しゃち(青ラベル)ピルスナータイプ 6本入り

¥3,980

原産国:日本 アルコール度数:5.0% 容量:330ml

※2020年4月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ボヘミアンピルスナーの醸造法を、ドイツに逆輸入して造られたものをジャーマンピルスナーと呼びます。日本のビールの礎になったスタイルで、犬山市にある醸造所でもその製法を踏襲。モルトの甘さよりもホップの苦みが際立ち、フローラルな香りとドライな飲み口が好評です。
Photos:3枚
なめろうや明太チーズ煎餅などの3種盛り
バターと塩昆布で和えたピーマン
長ねぎとチャーシューのピリ辛和え
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS