2. 10分で楽うま!「とろ〜りチーズとしいたけのツナ味噌田楽」

Photo by macaroni

焼き豆腐としいたけにのせるのは、赤味噌と合わせたツナ!簡単に作れるおいしい田楽です。調理時間約10分、トースターで仕上げるため手間がかからないこともポイント。家飲みはもちろん、おもてなしのときにも活躍してくれます。

3. 時短なのにコクがしっかり!「赤味噌のビーフシチュー」

Photo by macaroni

洋風料理の代表格、ビーフシチューに赤味噌をプラス!しっかりしたコクを楽しめるレシピです。肉は牛こま切れ肉を使うため、時短調理が可能。おもてなしや記念日のほか、家でゆっくり晩ごはん、というときにもおすすめです。ワインにもよく合いますよ♪

豆味噌とは

※画像はイメージです
大豆、塩、麹、水を原料とする豆味噌。熟成には大豆に麹をつけた豆麹を使います。米や麦を原料とした味噌の熟成期間は1年ほどですが、豆味噌は1~3年と長期熟成するため、濃い赤色に。甘さは控えめ、しっかりしたコクのある味、高温多湿に強く、保存しやすいことも特徴です。

誕生した愛知県のほか、岐阜県、三重県で製造されている豆味噌は、東海三県では欠かせない調味料。歴史は大変古く誕生は平安時代といわれています。

豆味噌に合う料理

1. 10分調理!「鯖缶の味噌キムチ炒め」

調理時間約10分!鯖の水煮缶を使った、簡単おいしいレシピです。ピリ辛のキムチを、豆味噌がまろやかにしてくれますよ♪ 鯖缶の煮汁で豆味噌を溶かすため、味のなじみもバッチリ。ごはんのおともに、おつまみに、いろいろ使えます。

2. コクとうま味がたまらない♪「肉味噌豆腐」

木綿豆腐に、ひきわり納豆を使った肉味噌をトッピング♪ 豆づくしのひと品です。ひと晩漬けておいた昆布、牛肉のコマ切れを使うため、うま味がたっぷり。牛肉を小さく切ると、さらに味がなじみます。仕上げの卵黄が、コクをプラスしてくれますよ。

3. おいしさの秘密は豆味噌!「味噌ミネストローネ」

新鮮なトマトで作るミネストローネに、豆味噌を加えるレシピです。玉ねぎ、赤パプリカ、セロリなど野菜がたっぷり♪ 細かく刻んで炒めるため、野菜の甘みも楽しめます。火加減と材料を入れる順番に気を付けると、コクとうま味をしっかり楽しめます。
Photos:14枚
お椀に盛られた、あさりの赤だしみそ汁
白い皿に盛られた肉味噌茄子
和風皿に盛られた、鯖の赤だし味噌煮
白い皿に盛られた、豚バラ肉と大根の赤だし味噌煮
黒い器に盛られた、こんにゃくとちぎり厚揚げのどて煮風
黒いプレートに置かれた、チーズとしいたけのツナ味噌田楽
水色の器に盛られた、味噌を使ったビーフシチュー
黒い皿に盛られた、鯖缶の味噌キムチ炒め
和風皿に盛られた、肉味噌豆腐
白い器に盛られた「味噌ミネストローネ」
八丁味噌のパッケージ
白い変形皿に盛られた、ごぼうとこんにゃくのたいたん
赤い和風皿に盛られた、イカの八丁味噌煮
鉄なべに入っている、手羽元の八丁味噌バター煮
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS