7. ヒジキのサバ缶煮

ひじきの煮物にサバ缶を入れると、たんぱく質やカルシウムなどの栄養をさらにアップできます。こちらはひじきとサバ缶を煮るだけの、包丁がいらないレシピ。簡単にできる常備菜として、いかがでしょうか。

サバ缶で手軽に栄養を取り入れよう

サバ缶は、体を作るたんぱく質、骨や歯を作るカルシウム、EPAやDHAが豊富。栄養価が高いため、もしものときの非常食として常備しておくのもいいかもしれませんね。

カロリーが気になる方は、調理法の工夫で抑えることもできますので、レシピを参考に試してみてください。

魚料理は手間がかかり、つい避けてしまいがちですがサバ缶なら手軽です。料理へ取り入れることで、時短にもなるので忙しい方にもおすすめですよ。
【参考文献】
(2020/05/08参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ