ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

雪見だいふくに新作「もちもちパンケーキ」が登場!

Photo by muccinpurin

「雪見だいふくもちもちパンケーキ」180円(税別)
2020年3月2日(月)、ロッテの雪見だいふくに新作「雪見だいふくもちもちパンケーキ」が仲間入りしました。アイスとパンケーキ、と聞いただけでもおいしそうに思えますが、この組み合わせ、いままでありそうでなかったかも!?

意外な組み合わせに、発売前からSNSは雪見だいふくの新作の話題で持ちきり。発売直後には「おいしすぎてリピ確実!」という絶賛の声があふれました。

いざ実食!もっちりとろとろ…!

Photo by muccinpurin

パッケージを開けてみると、いつもとは違う、茶色いだいふくが登場しました。雪見だいふくといえば白いイメージが定着しているのでちょっぴり意外な見た目ですが、ふわりと漂うメープルシロップの甘い香りに、すぐに心を奪われてしまいました。

ロッテの公式サイトによると、「もちもち食感のおもちでパンケーキ味のアイスとメープルソースを包んだ……」とあります。パッケージを開けた段階ではメープルソースは確認できませんが、パンケーキを連想させるメープルシロップの甘い香りを感じられました。

メープルソースたっぷり!

Photo by muccinpurin

試食する前に、半分にカットしてみました。思ったよりもメープルソースがたっぷりと詰まっています。のんびりしていると、ソースがとろ~んと流れ出してしまいそうに……。

従来の雪見だいふく同様、おもちの厚みが絶妙で、見た感じでは2mmもなさそうな薄さに伸ばされています。冷凍庫から出したばかりでも、つきたてのおもちのように伸びて、とてもおいしそう♪

アイス部分の見た目はバニラアイスと変わりませんが、パンケーキ風味のアイスになっているようです。そうこうしている間に、少し溶けて食べごろになってきました。さっそくいただきます!

完全にパンケーキ味だ…!

Photo by muccinpurin

アイス部分を食べてみると、確かにパンケーキの味がします。パンケーキの食感こそないものの、ほんのりと甘くバニラが香るこの味は、間違いなくパンケーキです!「もちもち」の部分は、おもちの食感で再現できています。

ちょっぴりプリンの味にも似ているので、パンケーキとプリンのあいだといったところでしょうか。メープルソースのおかげでパンケーキ感がさらに増し、見た目はアイス、味はパンケーキということで、ちょっと脳が混乱してしまいそうに……。

通常の雪見だいふくと比べると甘さが強めですが、メープルシロップの香りも相まって、満足度はかなり高め。おもちのやわらかさとパンケーキの再現度の高さに感心しつつ、ぺろりと食べてしまいました。

雪見だいふくトーストにアレンジしてみた♪

Photo by muccinpurin

定番アレンジの雪見だいふくトーストにしてみました。

食パンにスライスチーズと雪見だいふくをのせ、トースターで4~5分焼いたらできあがりです。おもちが溶けて広がり、ちょっぴりぐでっとした見た目になったら食べごろですよ。バターをのせるとよりパンケーキの味に近づきそうですね。

途中、焦げそうになったら上にアルミ箔をかぶせてみてください。多少焦げてもそれが香ばしさになるので、様子を見ながら好みの加減まで焼いてくださいね♪

よりパンケーキ感アップ!

Photo by muccinpurin

トーストにのせて焼いただけで、パンケーキ感が一気にアップしました。雪見だいふくだけだとどうしてももちもち感が足りなかったので、パンと合わせることで、パンケーキのボリュームが表現できました。

溶けたアイスとおもちをトースト全体に伸ばして、アイスが染みたら食べごろです。スライスチーズはなくてもできますが、チーズのほんのりとした塩味が全体のバランスを取ってくれるので、あればのせてみてくださいね。

アイスとおもち、そしてトーストとかなりカロリーは高めですが、このおいしさなら許せちゃうかも!?
Photos:7枚
もちもちパンケーキ雪見だいふく
白い皿にふたつ並んだ雪見だいふくもちもちパンケーキ
半分にカットした雪見だいふくもちもちパンケーキ
雪見だいふくをフォークで切る
青い皿にのせた雪見だいふくトーストとフォーク、ナイフ
ナイフでパンをカットする
ふたつ並んだ雪見だいふくもちもちパンケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS