にんじん

1本(約150g)あたりのカロリー……59kcal(※1)

にんじんのオレンジ色は抗酸化作用をもつ栄養素・β-カロテンの色で、油に溶けやすい性質を持ちます。炒め物にする、油で炒めてから煮込むなど、油と一緒に取り入れると吸収されやすくなります。(※6)

また、にんじんは水分を吸収して膨らみ腸を刺激してくれる不溶性食物繊維や、不溶性食物繊維よりも腸内細菌のエサになりやすい水溶性食物繊維も豊富です。(※5)

もやし

1袋(約200g)あたりのカロリー……28kcal(※1)

安価で低カロリー、水分が多くお腹にたまりやすいもやしは、ダイエットの強い味方。それだけでなくもやしはビタミンB1も豊富です。ビタミンB1は糖質がエネルギーとして消費されるのを助ける働きを持ちます。(※7)

えのき

1株(約100g)あたりのカロリー……22kcal(※8)

えのきはかさ増しに使えてお腹いっぱいになるだけでなく、ビタミンB群が豊富。ビタミンB群はエネルギーを生み出し、代謝するために必要となる栄養素です。さらに水分を吸収して膨らみ、腸の動きを活発にする不溶性食物繊維も豊富のため、便通にお悩みの方にもおすすめの食材です。(※5,9)

エリンギ

1本(約50g)あたりのカロリー……10kcal(※8)

歯ごたえが楽しめる肉厚なエリンギには、ナイアシンが多く含まれています。ナイアシンは糖質、脂質、たんぱく質からエネルギーを生み出すサポートをする働きを持ちます。また皮膚や粘膜の健康維持にも関わっている栄養素です。(※10)

バナナ

1本(約150g)あたりのカロリー……129kcal(※11)

バナナには腸内細菌のエサになる水溶性食物繊維や、フラクトオリゴ糖が多く含まれています。このふたつの成分が善玉菌を増やすことで、腸内環境の改善が期待できます。さらにバナナにはカリウムが多く含まれ、むくみが気になる方にもおすすめです。(※5,12)

りんご

1個(約300g)あたりのカロリー……183kcal(※11)

りんごには水溶性食物繊維の一種であるペクチンが含まれています。ペクチンはコレステロールや糖分が吸収されるのを、抑える働きがあると言われています。また、強い抗酸化作用を持つとして注目されているのがりんごポリフェノール。老化から体を守る働きが期待されています。(※13,14)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ