ダイエット中は何粒が目安?プルーンのカロリーを管理栄養士が解説

鉄分が豊富なことで有名なプルーンですが、カロリーはどれくらいなのでしょうか?一日にとってよい目安量や、食べすぎによる体への影響とともに詳しくチェックしていきましょう。また、プルーンを使ったヘルシーなレシピも管理栄養士がご紹介します。

2020年2月14日 更新

5. 手軽に栄養補給。プルーンのミルクスムージー

プルーンと牛乳のスムージーは、忙しい朝にぴったりのひと品です。

このドリンクだけでプルーンに豊富な鉄分や食物繊維、牛乳に豊富なカルシウムなど、さまざまな栄養をとれますよ。甘み付けに使うはちみつの量は、お好みで調節してくださいね。

栄養たっぷりのプルーンを食事にとりいれよう!

プルーンは、一般的によく食べる果物のバナナやりんごなどと比べると低カロリー。そのため、ダイエット中でも安心して食べられる果物のひとつです。鉄分や食物繊維など、女性に不足しがちな栄養が豊富に含まれているのも魅力のひとつ。おやつとしてそのまま食べるほか、料理に加えて楽しんでくださいね。

ただし、食べ過ぎはお腹をくだすこともあるため、適切な量を守って食べましょう。
【参考文献】
(2020/02/04参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS