ライター : r_i

北海道グルメライター

旅行、グルメが好きなライターです。 北海道のグルメ情報や美味しいお店なども紹介できればと思います。 よろしくお願いします。

直営牧場で飼育する希少種「サフォーク」が食べられる

牧場直営の「いただきます。」は新鮮なジンギスカンが自慢のお店。食肉加工場を併設しており、生産から加工、熟成、販売まで一貫しておこなわれています。

さらに、鮮度だけでなく、高級品種で希少な北海道産純血サフォークを食べられるというのも魅力のひとつ。

ジンギスカンでは珍しいレバーやサガリ、ハツなどの内臓系のお肉も提供されており、ここでしか食べられないメニューが盛りだくさん!

ライター紹介

北海道グルメライター / r_i

ひとり旅で国内外さまざまな土地を巡ったことがきっかけで、地元「北海道」の魅力を再発見。札幌市を中心に、グルメや観光情報を執筆するライター。

希少種の羊肉を満足いくまで味わう「いただきます。」

すすきの駅から徒歩2分のところにある「いただきます。」は観光客のみならず、地元の人にも大人気のジンギスカン店です。希少種の北海道産サフォークを、新鮮な状態で提供するこだわりが人気の秘密。

一般的にジンギスカン店の多くは輸入肉を提供しているのですが、「いただきます。」では直営牧場から仕入れた羊肉を店舗併設の食肉加工場で加工・熟成をして提供しています。「いただきます。」は、札幌でも数少ない北海道産羊肉が食べられるお店なのです。
ジンギスカン店とは思えないほどにキレイな店内は、まるでログハウスのような雰囲気。コの字型で厨房を囲むように配置されたカウンター席と、2階には個室が完備されています。

カウンター席は23名まで、個室は6名から8名まで対応可能です。

定番から希少部位まで豊富なメニュー

「いただきます。」の人気の理由のひとつがメニューの豊富さ。定番のジンギスカンはもちろん、最高級部位のヒレ、牛の上カルビに相当するマエバラなど、通常のジンギスカン店ではあまり見ないメニューが並びます。

このほか、レバーやハツ、ミノやハチノスなど、こちらもジンギスカン店ではめずらしい内臓系のお肉も豊富に並んでいるので、初めて食べる味を存分に楽しむことができます。

これを食べたい!おすすめメニュー5選

1. いただきます。の看板メニュー「ジンギスカン」

980円(税抜)
北海道産羊肉をぞんぶんに味わうなら「ジンギスカン」は必ず食べておきたいメニュー。

モモ・ウデ・バラ・スネなどのさまざまな部位が入っています。本場のジンギスカンの味・やわらかさに驚くこと間違いなしでしょう。北海道産羊肉が980円という低価格で食べられるのはここだけです。

2. 上品な味わいの「ロース」

1,790円(税抜)
高級フレンチでも利用されることが多いことでも知られる「ロース」。赤身と脂身がほどよいバランスで上品な味わいの羊肉です。たれで食べることが多いジンギスカンですが、「いただきます。」のロースは塩・レモンで食べるのがおすすめ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS