賞味期限

約90日間

購入できる場所

山口県内のお土産販売店、主要な駅やサービスエリアで販売されています。

3. 山口を代表する銘菓 「御堀堂(みほりどう) ういろう」

小形10個入り1,350円(税込)~
室町時代にまで歴史をさかのぼることができる、「御堀堂」のういろう。国産のわらび粉が使われていて、とても上品な味わいに仕上がっています。 第18回全国菓子大博覧会では名誉総裁賞を受賞。目上の方へのお土産として利用するのに申し分ないです。
触るとぷるぷる、口に入れるともっちりした食感です。味の種類は白ういろう、黒ういろう、抹茶ういろうの3種類。どの種類もなめらかな口当たりで、甘味が強すぎず品のよいあと味です。

ちなみに筆者おすすめの黒外郎は黒糖味。コクのある味わいがなんともいえません。

賞味期限

約1週間

購入できる場所

御堀堂の直営店舗、中国自動車道・美東サービスエリア(下り)、山陽自動車道・下松サービスエリア(上り)ほかで販売されています。

4. 絹のようなやわらかさ「豆子郎 生絹豆子郎(すずし とうしろう)」

絹のようなやわらかさをイメージして作られています。山口ういろう独特のやわらかさを楽しめますよ。 豆子郎(とうしろう)の名前の由来は、もともと当主がお菓子づくりの「しろうと」だったこと。ユニークな由来とともにお土産を渡せば、場も和むことでしょう。
細長くスリムな形が特徴的な豆子郎のういろう。やわらかく、それでいてもっちりした歯ごたえがくせになり、もう1本食べたくなります。

写真の生タイプのういろうは賞味期限が3日間と短いため、すぐ渡せる人へのお土産におすすめですよ。

価格については、進物用として利用される方が多いため、公式サイトでは値段が非公表となっています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS