ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

今年こそラム肉ブームが本格化!

Photo by akiyon

2020年のトレンドグルメとして予想されるもののひとつが、ずばり「ラム肉」!スーパーでも手に入ることが多くなり、ラム肉料理のお店もどんどん増えつつあるんですよ。そして、ラム肉に合うスパイスとしておすすめなのが「クミン」です。

そこで「ラム肉×クミン」というベストコンビの味わいを手軽に体験できる、カルディのおすすめアイテムをご紹介!簡単に作れて、しかもラム肉の味わいがランクアップするおすすめ3選です。今年はぜひ、おうちごはんメニューとしてラム肉料理を楽しんでみてはいかがですか?

1. ピリっと辛いクミン塩「羊名人」

Photo by akiyon

298円(税込)
羊のフォルムのイラストとそのネーミングかなり目を引く「羊名人(ようメ~じん)」は、クミン風味の羊肉専用調味塩。羊肉に特化した調味料と聞くと、ラム肉ファンならずとも見逃せないアイテムではないでしょうか。

炒め調理の仕上げに使ったり、羊肉の下味に使ったりと、使い方は自由自在。パッケージに「これであなたも羊料理名人!」と書かれているとおり、手軽においしい羊肉料理を作れそうですよ♪

Photo by akiyon

香辛料はクミンのほか、花椒、唐辛子、五香粉とエスニックな要素がたくさん!クミンが入っているだけに、ほんのりカレーっぽい香りがしますよ。

そのほかガーリックやジンジャー、ごまも入っていて、岩塩と砂糖でバランスよく調味。ピリっと辛くて、香り高い風味が魅力的な調味料です。

下味に使って「ラムステーキ」

Photo by akiyon

さっそく、ステーキ用にカットしたラム肉全体に絡めてしばらく置いてから、こんがりと焼いてみました。焼いている途中から、もうエスニックな香りをまとったラム肉特有の風味が漂います♪

その味わいは塩気と辛味がいいバランスで、いろいろ入った香辛料もラム肉特有の風味を損なっていません。なんといってもラム肉の旨みがより引き出されているようで、ただ塩コショウで下味をつけるよりも格段にラム肉の魅力がアップしていますよ。

ラム肉料理をより身近なものにできる絶品調味料。羊肉が苦手な人にもぜひ試していただきたい、おすすめアイテムです。

2. クリーミーでエキゾチック「クミンドレッシング」

Photo by akiyon

354円(税込)
「クミンドレッシング」は、クミンの香りが際立つエキゾチックな風味が特徴のクリーミータイプドレッシング。サラダにかけるほか、肉や魚料理のソースとして使うことができます。 原材料はクミンシードとクミンパウダーのダブル使い。さらにカホクザンショウや唐辛子、ターメリックなども入っていて、香り高さを重視したタイから輸入したドレッシングです。

Photo by akiyon

ターメリックが入っているので、色や香りは少しだけカレー風味。にんにくやしょうがも効いていて、魚醤の旨みも感じますよ。

個性的な味わいですが、しっかりとした酸味や塩気で食べやすく感じ、クセになりそう!いつもの料理にかけるだけで、あっという間に新しい味わいに出会えます♪

「ラムバーグ」のソースとして

Photo by akiyon

ラム肉をミンチ状にし、セロリやパクチーなどの香味野菜を混ぜ込んでラムバーグを作ってみました。クミンドレッシングをソースのようにかけて食べると、とてもエキゾチックな味わいを体験できます。

とろっとしているのでラムバーグによく絡み、羊肉の風味との相乗効果で味わいもアップ!「クミン×ラム肉」の組み合わせのよさを実感できますよ。

3. 羊肉のためのカレー「ローガンジョシュ」

Photo by akiyon

513円(税込)
「ローガンジョシュ」は、インドのカシミール地方のカレー。ラムやマトンの羊肉を使い、香辛料をたくさん使って仕上げる伝統料理です。

そんな個性的なカレーを手軽に作れるのが、このひと瓶。瓶に詰まったソースだけでなく、フタの中にスパイスが入っているので風味高く仕上がります。作り方は炒めた具材にスパイスをかけて炒め、瓶の中身を入れて煮込むだけ。本格的な味わいを楽しめる、イギリスからの輸入品です。
Photos:10枚
プレートの上の骨付きラム肉2本とクミンシード
「羊名人」のパッケージ
スプーンにのせた羊名人
皿に盛ったラムステーキ、フォークとナイフ。
クミンドレッシングのボトル
器に出したドレッシングとボトル
皿に盛り合わせたラムバーグ、クミンドレッシング、クミンシード
ローガンジョシュのボトル
皿に盛ったローガンジョシュ
羊名人のパッケージと皿に盛ったラムステーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS