12月〜1月「ブリ」

・旬の時期:・主な産地:長崎・石川 春になって卵を持つブリ。人気の高い「寒ブリ」は、その直前の冬に脂がのった状態のものを指します。長崎・石川など日本海側では天然ものが多く獲れますが、養殖は鹿児島や大分、愛媛が盛ん。 切り身を選ぶなら、血合いが赤く鮮やかなものが新鮮でおすすめです。ドリップとよばれる液体が出ていないことも確認しましょう。

12月〜2月「キンメダイ」

・旬の時期:
・主な産地:静岡・千葉

クセのない上品な味で食べやすく、煮つけや塩焼きが人気のキンメダイ。通年獲れる魚ですが、冬場は特に脂がのっています。逆に夏場の産卵前後は味がやや落ちるそう。

購入するときはサイズが大きいものを選びましょう。特徴的な目は鮮度が落ちるとしぼんでくるため、ドーム型に盛り上がっているものがおすすめです。

通年でたのしめる魚

「マグロ」

・旬の時期:
・主な産地:長崎・鳥取・青森

日本でいう「本マグロ」はクロマグロのこと。冬が最旬ですが、一年を通じて品質のよいものが流通しています。お刺身やネギトロはもちろん、火を通してもおいしく、幅広い料理に使えることも魅力のひとつ。

買うときは身にツヤがあり、透明感があるものを選びましょう。また、表面の白い筋が平行に走っているものがおすすめ。

「ホッケ」

・旬の時期:・主な産地:北海道 クセがなく食べやすさが人気のホッケ。一年を通じて獲れる魚ですが、特にエサを食べに沿岸に来る初夏の漁獲量が多く、脂がのっています。焼きホッケはお酒のおともとしても人気ですが、汁物やフライにしてもたのしめますよ。 鮮魚を購入する場合は目が澄んでいてお腹にハリがあるものを選びましょう。干物を選ぶなら身がふっくらしていてツヤがあるものがおすすめです。

「カレイ」

・旬の時期:通年 ・主な産地:北海道 煮つけやフライが人気のカレイは、やわらかくクセのない味をしています。また、お刺身で食べるとコリコリとした食感がたのしめますよ。 買うときは身にハリがあるかチェックして。表面にぬめりがあるものもおすすめです。一年中おいしくいただけますが、これはひと口にカレイと言っても種類が多く、それぞれ旬が違うためなんですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ