ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディで細長いポテチ!? 発見!

Photo by muccinpurin

カルディで、見慣れないお菓子を見つけました。細長いパッケージには「ロングポテト」の文字。 ん……?ポテトチップスなのに細長い?と、やや違和感を感じつつ、サワークリーム&ディルのフレーバーに惹かれて購入。これは、パーティーに使えそうな予感です……!

「カルディオリジナル クリスピーロングポテト サワークリーム&ディル」

Photo by muccinpurin

「カルディオリジナル クリスピーロングポテト サワークリーム&ディル」183円(税込)
数あるカルディのお菓子のなかから今回ご紹介するのは、「カルディオリジナル クリスピーロングポテト サワークリーム&ディル」。カルディのオリジナルアイテムですが、エストニアで生産されています。 通常のポテトチップスは、皮をむいたじゃがいもをスライスして揚げているので、丸い形をしているのは、皆さんご存知の通り。 ところがこのロングポテトは、ポテトフレークを使ったものを成形しているので、名前の通りその長さがインパクト抜群! これがポテトチップといわれても、最初は信じられない人が多いのではないでしょうか?

Photo by muccinpurin

パッケージを開けてみると、見たこともない長さのポテチが登場。気になって長さを計ってみると、なんとぴったり20cm! さすがに、こんなに長いポテトチップスは見たことがありません。 子どものころから数えきれないほどのポテトチップスを食べてきた筆者も、その見た目に思わず「は、はじめまして」とあいさつしてしまいそうになるほど、ポテトチップスにしては新鮮な見た目です。

Photo by muccinpurin

薄さのあまりちょっぴりカーブがかかっていたので、思わず立てたくなり、並べてパシャり。こうして並べてみるとますますポテチ感がないですね……。とはいえ、香りはどことなくポテチなので、ちょっぴり脳が混乱しています。 ちなみに、表面に薄い溝が何本か入っているので、そこからきれいに割ることもできますが、割ってしまうと一気にクラッカーのような印象になるので、パーティーで使うなら長いまま並べておくほうがインパクトがありそうです。 ポテトフレークを使っているので、通常のポテトチップスに比べてとても軽い食感! パリンと割れて口のなかですっと溶けてなくなっていきます。軽さがあとを引くので、1枚ペロリと食べてしまえますよ。

フルーツやディップと盛り付けて華やかに♪

Photo by muccinpurin

そのまま食べても充分おいしいロングポテトも、ディップを合わせればごちそう感がさらにアップします。 はちみつやチーズ、フルーツなどと一緒にプレートに盛り合わせて、ちょっとしたパーティーにいかがでしょう。バターナイフを添えて各自好きにディップして食べてもらうスタイルにすれば、ポテトチップスだけで無限の楽しみが広がります♪

Photo by muccinpurin

牡蠣を使ったディップをのせてみました。さわやかなディルとサワークリームの香りが、コクのある牡蠣との相性が最高! これは、冷たく冷やした白ワインがほしくなりますね。 ディップはほかにも、ツナマヨや市販のパテなど、じゃがいもの味がしっかりとしているので、どんなものとも相性がよさそうです。

フルーツとの相性も◎

Photo by muccinpurin

こちらは、二色のぶどうを薄くスライスして並べ、はちみつを垂らしたもの。仕上げにブラックペッパーを挽いて、味を引き締めました。 クセのないサワークリームは、フルーツやはちみつなど甘いものとも合わせやすく、前菜的なアレンジにも向いています。あまりのせすぎると重さで折れてしまうこともあるので、食材を薄切りにしてのせるのがポイントですよ。

ロングポテトがあればパーティーがもっと盛り上がる!

Photo by muccinpurin

見た目のインパクト抜群のカルディ「クリスピーロングポテト」は、シンプルでクセのないサワークリーム&ディル味で、アレンジにもぴったり。 長いポテトをパリッと割って食べるのも楽しく、パーティーの話題をさらいそうです♪

商品情報

■商品名:カルディオリジナル クリスピーロングポテト サワークリーム&ディル ■価格:183円(税込) ■原産国:エストニア ■カロリー:1袋(90g)あたり511kcal ■販売場所:全国のカルディ各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS