今年はみかんで風邪予防!食べるときに気をつけたいこと

寒くなってきた時期に意識したいのは風邪予防ですよね。そんな時期に旬を迎える果物・みかんに対して、風邪対策に効果のあるイメージを持つかたもいらっしゃるのでは?みかんの栄養や、風邪で食欲がないときも食べたほうがいいのかなど、気になる風邪対策への効果についてお伝えします。

2019年10月21日 更新

気をつけよう!風邪のときにみかんを食べても大丈夫?

みかんには、風邪予防のためにおすすめの栄養素を多く含んでいます。風邪をひきやすい季節にぜひ取り入れていただきたい食材。

しかし風邪をひいているとき、特に熱が出ているときは食欲が落ちたり、固形物を受け付けなくなったりしてしまいます。体力・消化力も落ちているため、無理に食べると嘔吐や下痢につながることも。風邪をひいているときは消化のよいものを食べることをおすすめします。(※1)

みかんがもつ風邪予防の効果!

ストレスの抵抗を高める

みかんには100gあたり32mgのビタミンCが含まれています。(※2)

ビタミンCは、ストレスに抵抗する力を強くする働きがあります。また、水に溶けやすく熱に弱い栄養素でもあるので、皮をむいてそのまま食べられるみかんなら効率よくビタミンCをとることができますね。(※3)

免疫力を高める

みかんには100gあたり1000μgのβ-カロテンが含まれています。(※2)

みかんのオレンジ色はβ-カロテンの色。免疫力を高めてくれる働きがあるとされているので、風邪の予防が期待できます。(※4)β-カロテンは、緑黄色野菜に多く含まれている栄養素ですが、みかんなら皮を剥いてすぐに食べられるので、調理する必要もなく手軽に補給することができます。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちず

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう