季節の移り変わりを楽しむ。いまが旬の「フルーツ和菓子」5選

店頭に並ぶ顔ぶれに四季を感じられるのも、和菓子の醍醐味。その時期にしか食べられないフルーツを使ったお菓子なら、季節の移り変わりをよりダイレクトに楽しめます。今回は、桃、マスカット、和梨、洋梨という夏から初秋にかけて旬を迎えるフルーツの和菓子をご紹介します。

2019年8月19日 更新
この記事は、三越伊勢丹が運営する、「FOODIE」の提供でお送りします。

【桃】甘くてジューシーな白桃ゼリー<桃花亭>

<桃花亭>プチ完熟白桃ぜりー(7個入)1,080円(税込)※販売期間:~8月20日(火)

<桃花亭>プチ完熟白桃ぜりー(7個入)1,080円(税込)※販売期間:~8月20日(火)

桃の隠れた名産地として知られる愛知県北部で創業した<桃花亭>。ここで長年愛されているのが、手作業で選び抜かれた完熟白桃だけを贅沢に使った「プチ完熟白桃ぜりー」です。

果汁たっぷりのゼリーの中には、皮を丁寧に湯むきし裏ごしした口溶けなめらかな果肉入り。桃の形をイメージしたカップもキュートです。プチサイズでも、濃厚な桃の味わいを堪能できるこだわりのひと品です。

【マスカット】フルーツ2種のグラデーションが美しいゼリー<笹屋伊織>

<笹屋伊織>果実のゼリー アロエと桃・りんごとマンゴー・パイナップルとマスカット(1個)389円(税込)※販売期間:2019年6月1日(土)~なくなり次第終了

<笹屋伊織>果実のゼリー アロエと桃・りんごとマンゴー・パイナップルとマスカット(1個)389円(税込)※販売期間:2019年6月1日(土)~なくなり次第終了

300年余りの歴史を持つ京都の老舗和菓子店<笹屋伊織>。伝統と格式ある銘店が手がけるフルーツゼリーです。2種類のフルーツを使ったゼリーは2層になっており、グラデーションの美しさもポイント。

フレーバーは、アロエと桃、りんごとマンゴー、パイナップルとマスカットの3種類です。旬のフルーツを1度で2つ味わえる贅沢ゼリー。しっかり冷やして、フルーツのハーモニーを楽しみましょう。

【和梨】透明感が涼し気な、軽い口溶けのゼリー<なごみの米屋>

<なごみの米屋>梨ゼリー(1個)195円(税込)※販売期間:2019年8月1日(木)~なくなり次第終了

<なごみの米屋>梨ゼリー(1個)195円(税込)※販売期間:2019年8月1日(木)~なくなり次第終了

透明でつるんとした見た目が美しい<なごみの米屋>の「梨ゼリー」。甘みと香りの強い千葉県産の梨をピューレ状にし、シャリシャリとした食感をあえて残しています。

口溶けのよいとろける食感は、食後のデザートにもぴったり。しっかりと冷やすことで、すっきりとした梨の甘さと瑞々しさを存分に味わうことができます。

【いちじく】ゴロッとまるごと果肉のおいしさを堪能できる大福<清光堂>

<清光堂>まるごといちじく大福(6個)2,780円(税込)※販売期間:2019年8月15日(木)〜1月下旬 ※商品発送は10月1日(火)以降となります。

<清光堂>まるごといちじく大福(6個)2,780円(税込)※販売期間:2019年8月15日(木)〜1月下旬 ※商品発送は10月1日(火)以降となります。

愛媛県産のフルーツを使った「まるごと大福シリーズ」を全国で展開している和菓子店<清光堂>から、果実をそのまま包み込んだインパクトある「いちじく大福」が新登場。主役のいちじくを活かすよう、求肥は薄め、白あんは甘さ控えめにと考えつくされたバランスはまさに職人技。

いちじくの、まるでコンポートのようにやわらかな果肉とジューシーな果汁が口いっぱいに広がります。お客様へのおもてなしなら、提供する前に鮮やかな断面が見えるよう半分にカットすると、驚きと感動が生まれること間違いなしです!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

FOODIE

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう