ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

夏だってチャイを楽しみたい♪

Photo by muccinpurin

毎日暑くて、バテていませんか?冷たいドリンクで、ホッとひと息入れませんか? 忙しい毎日にこそ、自分へのご褒美が大切。業務スーパーで見つけた「スパイスチャイ」がまさにプチご褒美にぴったりだったのでご紹介します。 スパイスたっぷりのチャイは、冬に飲むイメージが強いですが、実はアイスでもおいしいんですよ。チャイを使ったアレンジアイデアも一緒にご提案します♪

4種のスパイスをブレンド!「スパイスチャイ」

Photo by muccinpurin

「スパイスチャイ」213円(税込)
チャイを作るときって、いくつもスパイスをそろえてじっくり煮出して……と、ちょっと手間がかかるんですよね。シナモンだけならまだしも、クローブやジンジャーなどの珍しいスパイスは、ほかの料理にもあまり使わないので、チャイのために買うのも気が引けます。 業務スーパーで販売中の「スパイスチャイ」は、カルダモン、ジンジャー、シナモン、クローブの4種類をブレンドした、温めた牛乳とお湯を注ぐだけで楽しめるチャイなんです。 牛乳とお湯さえあれば、おいしいチャイがいつでも手軽に楽しめますよ♪

Photo by muccinpurin

1回分の小分けになったティーバッグが1箱に25袋入って213円と、かなりお得。夏の間はアイスチャイで楽しんで、秋から冬にかけて冷えてきたらホットチャイに移行することもできそうですね♪ どことなくアジアっぽいデザインのパッケージは、ピンクでとてもかわいらしく、ティータイムの気分を盛り上げてくれます。スパイスと紅茶の本場・スリランカで作られた本格派です。

アイスチャイは「濃い目に入れる」のがコツ!

Photo by muccinpurin

アイスチャイを楽しむときは、まずはチャイを濃い目に淹れましょう。ティーバックひとつにつき、水と牛乳が75mlずつが基本配合なので、あらかじめ濃い目に抽出しておきました。 グラスに氷を準備て牛乳と合わせれば、あっという間にアイスチャイが完成!時間があるときに濃い目のアイスチャイを作っておけば、あとは牛乳をブレンドするだけでOKですよ。

Photo by muccinpurin

ティーバッグを浸すと茶葉がしっかりと開いて、グツグツと煮出さなくてもしっかり濃いお茶が出ました。スパイスの香りも牛乳に負けない強めで、コクのある濃厚な味わいです。 筆者はこれまでアイスチャイを飲む機会がありませんでしたが、スパイスのキレがよくすっきりとしているので、夏に冷たくして飲むのにはまりそうです。

アレンジ①リッチなコクに夢中!「チャイフロート」

Photo by muccinpurin

スパイスチャイを手に入れたら、夏にぜひ試してほしいのが「チャイフロート」。濃い目に淹れたチャイにバニラアイスを浮かべて、溶かしながら味の変化が楽しめます。 バニラアイスが甘いので、ガムシロップやはちみつの量は減らしてくださいね。

Photo by muccinpurin

だんだんとアイスが溶けて、チャイにミルキー感が増してきます。 バニラアイスならコクたっぷりのチャイに、ミルクアイスなら少しスッキリとした味わいのチャイが楽しめますよ。シャリシャリとしたアイスの食感も新しい、夏ならではのチャイの味わい方です。

アレンジ②のどごしぷるんっ!「2層のチャイゼリー」

Photo by muccinpurin

牛乳を加えた濃厚なチャイと、濃い目に淹れたストレートのチャイを2層に重ねた、おやつにぴったりなチャイゼリー。ストレートのチャイは別容器で固めて、フォークを使ってクラッシュさせて、キラキラと涼し気に仕上げました。 牛乳を加えることで紅茶の風味がしっかりと感じられ、スパイスの香りがふわっと鼻を抜ける、上品な味わいです。お好みで練乳やポーションミルクをかけて召し上がれ♪

夏こそスパイス効果でのど越しスッキリ♪

Photo by muccinpurin

今回は冷たい楽しみ方をご紹介しましたが、エアコンでからだが冷えたらもちろん、温かくして楽しんでくださいね。 スパイスがブレンドされている業務スーパーの「スパイスチャイ」。手軽に本格的なチャイが味わえて、おすすめです♪
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS