朝ドラ効果でヒット!「酪農みるくバターケーキ」の口どけにうっとり

北海道・十勝の老舗菓子店「柳月(りゅうげつ)」から発売されている「酪農みるくバターケーキ」がSNSを中心に話題を集めています。朝ドラをきっかけに注目が高まる、北の大地の恵みが詰まったまるでバターそのもののようなケーキです。

2019年7月31日 更新

朝ドラで話題急上昇!いま食べたいバターケーキ

バターケーキの箱とバターケーキ

Photo by muccinpurin

北海道の老舗和菓子店「柳月(りゅうげつ)」から発売されている人気商品「酪農みるくバターケーキ」。

もともと、地元北海道で高い評価を受けていた柳月のバターケーキですが、朝ドラをきっかけにさらに注目度がアップしています。劇中でも、重要なアイテムとして登場し、ドラマを見ていて食べたくなった人もいたのではないでしょうか?

北の恵みが詰まった「酪農みるくバターケーキ」

ミルクバターケーキパッケージ

Photo by muccinpurin

「酪農みるくバターケーキ」1,400円(税込)

朝ドラが始まる4月に合わせて「北海道・十勝の素材を使ったお菓子を作りたい」という思いを込めて発売された「酪農みるくバターケーキ」。6月中旬のストーリーで、劇中にバターケーキが登場したころから注目度が急上昇しました。

注文が殺到するあまり、オンラインショップでは注文から発送まで1週間ほどかかるそうですが、それだけ注目されているんですね!ますますその味が気になります。
みるくバターケーキ

Photo by muccinpurin

まず、驚くのはケーキそのものの美しさ。ケーキを作る方はわかると思いますが、バターは温度管理がとても大変。冷蔵庫から出したてだと固くて扱いにくく、逆にちょっと放っておくと、すぐにやわらかくなって形を保てなくなります。

パッケージから出した酪農みるくバターケーキは、本物のバターと見惑うほどの美しいフォルム。開けた瞬間「わあっ!」と声を上げるほどなめらかな表面に感激です。

そして、パッケージのかわいさも見逃せません。バターを連想させるクリーム色をベースに、牛や北海道の素材をモチーフにしたイラストが描かれ、このまま取っておきたいほどのかわいさ。おつかいものにもぴったりですね!

軽い口どけにうっとり…

カットしたバターケーキ

Photo by muccinpurin

冷凍されて届くので、食べる前に冷蔵庫で解凍します。食べごろは、冷蔵庫に入れて3時間ほど経ったころ。

少し固いほうが切りやすいので、半分溶けた頃にカットすることをおすすめします。バターと生地の層が美しく、早く食べたい衝動に……。底にはくるみが散りばめられています。
皿に盛られたバターケーキ

Photo by muccinpurin

冷蔵庫で解凍した酪農みるくバターケーキは、自然なバターのツヤを帯び、ますますおいしそう。外側から徐々に解凍されるので、ほんの少し中心が凍っていますが、食感の違いも楽しめそうです。

バタークリームって、どうしても重いイメージがありませんか?こってり濃厚が好きな欧米に比べて軽い食感が好まれる日本では、バタークリームよりも生クリームが主流になりつつあります。

ところが、酪農みるくバターケーキは、驚くほど軽やかな食感で、口のなかですっと溶けていきます。軽いとはいっても、バターの風味はしっかりと残っているので、どこか懐かしい味わいです。
フォークを入れたバターケーキ

Photo by muccinpurin

隠し味に練乳をブレンドしたバタークリームは、濃厚なコクと自然な甘さがちょうどいいバランスです。しつこすぎる風味がないのも、とっても食べやすい!

生地もしっとりとした食感で、なめらかなバタークリームと一緒に溶けてなくなっていきます。たまにカリッと感じるくるみの軽快さも、いいアクセントになっています。

甘いものを敬遠しがちな夏ですが、あまりの軽い口どけに、ワンカットぺろりと平らげてしまいました。

北海道のおいしさをぜひおうちで

パッケージ

Photo by muccinpurin

「酪農みるくバターケーキ」は、道内にある柳月各店のほか、オンラインショップでも購入できます。

冷凍で届くので、バターの香りも本場で食べる味そのもの。できたてのおいしさがおうちで楽しめますよ!
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう