マンゴーを加えてカラフルに夏らしく

ココナッツミルクにタピオカを浮かべ、マンゴーピューレで夏らしくカラフルに仕上げたチェー。ゆでたあずきと白玉を入れることで、しっかりと満足感のある仕上がりです。 具だくさんのチェーは “飲む” というよりも “食べる” 感覚に近いかもしれません。

ココナッツミルクの代わりに牛乳でも

ココナッツミルクの代わりに、牛乳を使った、チェー風のデザート。バナナやキウイフルーツを加えてカラフルに、あんこのやさしい甘さでほっこりと仕上げています。 アーモンドのカリカリ感も、食感のいいアクセントになって飽きずに食べられそうですね。
▼「私も作ってみたい」という方は…

東京でチェーを食べるならココ!

学芸大学「333_che」

「ココナッツミルクのチェー」650円(税別)
7月20日にオープンしたばかりの「333_che」。ベトナムを中心にアジアン雑貨を取り扱う「バーバーバー(333 )」がオープンした本場の味が楽しめる専門店です。ちなみに「333」は「3+3+3」でベトナムのラッキーナンバーである「9」になることから、店名や商品名にはよく使われる数字なんですよ。 「ココナッツミルクのチェー」は、チェーに欠かせない「緑豆餡」をたっぷりと使った本格派。さらに「東洋のバニラ」と呼ばれるほど甘い香りを持つパンダンリーフのゼリーや白タピオカなど、アジアならではの食材をふんだんに使っています。

新宿「タピオカチェー」

左から「ブラックティー&エスプレッソ」「マンゴー&バナナ」「ストロベリー&ライチ」「グレープ&キウイ」各780円(税抜)
2019年6月17日(月)~8月31日(土)の期間限定で「UBU CAFEルミネエスト新宿店」に登場しているのが、見た目も華やかな「タピオカチェー」。今なお進化を続けるタピオカと、ネクストブレイク必須のチェーが奇跡のコラボを果たしました。 味は夏らしいマンゴーやライチを含むカラフルな4種類。さらに、タピオカは紅茶、ストロベリー、マンゴー、グレープの4種類から選べるので、自分好みのオリジナルチェーを楽しむことができますよ。

この夏は涼しげな「チェー」で決まり

ベトナムのスイーツ「チェー」をご紹介してきましたがいかがでしたか?イモ類やフルーツ、煮豆など、好みの食材でアレンジできるという自由度の高さが、手作りへのハードルをぐっと下げてくれていますよね。 さらに、見た目の華やかさと健康的な食材がメインであることからも、ブレイクの予感が感じられます。 爆発的なブームの前にちょっぴり先取りして、チェーを味わってみてはいかがでしょう?
※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
Photos:11枚
チェースタンド
グラスに入った冷たいチェー
チェーを作る男性
カラフルなチェーの材料
2つのグラスに入ったチェー
チェー
チェー
チェー
「ココナッツミルクのチェー」650円(税別)
4色のカラフルなチェー
チェー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ