ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

人気シリーズを冷やして夏のおやつに

Photo by akiyon

無印良品の人気スイーツ「不揃いバウム」は、焼きムラがあったり変形したものなど形が “不揃い” なバウムクーヘン。味わい深くてリーズナブル、しかも十数種類もあるラインアップが楽しい話題のアイテムです。 そんな不揃いバウムは、冷蔵庫で冷やして食べるのもおすすめ!夏向きの冷たいおやつとして味わうことができるんです。今回は数種類あるうち、冷やしアレンジにぴったりな3フレーバーをご紹介しますよ♪

1. 茶葉の風味ですっきり「不揃い 紅茶バウム」

Photo by akiyon

150円(税込)
「紅茶バウム」は、不揃いシリーズの中でもダントツともいえる人気を誇る商品。紅茶の風味が効いていて、ほどよい甘さやしっとりとした食感など「すべてがパーフェクト!」と絶賛の声が相次いでいます。 すこし温めて食べるのもいいですが、冷やすととてもさわやかな味わいに変化!冷たいドリンクによく合うデザートとして、この夏おすすめのアイテムです♪

Photo by akiyon

パッケージの封を開けると、アールグレイのような茶葉の香りがふわり♪ 午後のお茶の時間に食べれば、気分が落ち着きそうですね。 冷やしてもしっとりとしたやわらかさがキープされ、さらに紅茶の香りが広がりますよ。甘すぎず、茶葉の苦味も少しあるのであと味がすっきり!温めてクリームを添えるのもいいですが、夏にはぜひこのまま、シンプルな味わいを楽しみましょう。

2. バナナピューレ入り「不揃い バナナバウム」

Photo by akiyon

150円(税込)
「バナナバウム」は、バナナピューレが入った自然な甘みが魅力のバウムクーヘン。発売当初からのファンが多く、長い間多くの人たちから定番スイーツとして親しまれてきました。 こちら、実は冷やして食べる方が人気なんです。無印良品の公式サイトやSNSなどでも「冷やすとますますおいしい!」との声があがっているんですよ。

Photo by akiyon

常温で食べるとふわふわの食感ですが、冷やすと生地が凝縮したようになりしっとりとした舌触りに。心なしか常温より、さらにバナナに近い味わいを感じられます。 バナナ味のスイーツは数多くありますが、味わいや価格、食べやすさなどを総合的に考えると「右に出るものがないのでは?」と思える逸品。年代を問わず、幅広く親しめる王道の味わいだと思いました♪

3. トロピカルな香りが夏向き「パイナップルバウム」

Photo by akiyon

150円(税込)
トロピカル感あふれるパイナップル味のスイーツは、夏にこそ味わいたいもの。そんなときには「パイナップルバウム」がおすすめ! 実はこのパイナップル味は、紅茶やバナナ味のバウムと一緒に “ついで買い” した人たちから、「新しいおいしさ!」と高評価。人気沸騰中の話題のおやつなんですよ。

Photo by akiyon

パイナップルソースが入っていて、ほんのりとしたパイナップルの自然な風味を楽しめます。風味が夏向きなので常温で食べるよりも、やはり冷やすのがおすすめ!甘さが控えめなので、約15cmほどの大きさですが、あっという間に完食してしまいました。 「家族で取り合いになってしまうほどおいしかった」との声もあがるほど、クセがなくてみんなが大好きになれる味わいです。

我が家の定番ひんやりおやつに

Photo by akiyon

「不揃いバウム」シリーズは、「レモン」や「水切りヨーグルト」など夏のいちおしフレーバーがたくさん!塩分チャージを意識した「塩チョコ」や「塩キャラメル」も見逃せませんよ。 いずれも常温でストックできるので、食べる分だけ冷蔵庫で冷やせばOK。食べ応えがあるのにひとつ150円(税込)とコストパフォーマンスの良さも魅力的です。ぜひたくさんそろえて、おうちの定番おやつにしてみてくださいね♪

商品情報

■商品名:不揃い 紅茶バウム ■価格:150円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:92g(1個平均) ■カロリー:393kcal(1個平均92g当たり)
■商品名:不揃い バナナバウム ■価格:150円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:110g(1個平均) ■カロリー:457kcal(1個平均110g当たり)
■商品名:不揃い パイナップルバウム ■価格:150円(税込) ■原産国:日本 ■内容量:91g(1個平均) ■カロリー:395kcal(1個平均91g当たり)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS