グルテンフリー&動物性原材料も不使用。ヘルシーなのにおいしい絶品レトルト

レトルト食品はなんだか味気なく、栄養バランスも気になる。そんなイメージを変えてくれるのが「資生堂パーラー」から登場した新商品。老舗の洋食レストランで振舞われる深い味わいはそのままに、小麦と動物性原材料を使用せずに仕上げたレトルトシリーズで、糖質や脂質を控えたい方にもおすすめです。

2019年5月23日 更新

「資生堂パーラー」が美容と健康を考えて考案したレトルト食品

この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。
銀座に本店をかまえる歴史あるレストラン「資生堂パーラー」。これまでも自慢の洋食メニューを使ったレトルト食品を展開してきましたが、このたび美容や健康を考えた「グルテンフリーシリーズ」を発売。

しかも小麦だけではなく、お肉や魚・卵のような動物性原材料も不使用。さらに、そばや落花生といったアレルギーが心配される食材も使わず、誰もが楽しめるやさしい食品を目指しました。

グルテンフリーで動物性原材料も入っていないので、糖質や脂質を控えたいというダイエット中の方も安心して食べられます。それでいて、洋食屋さんで食べるような本格的な味わいなのも魅力です。

やさしくも深みのある味わいのスープやカレー

シリーズには、スープとカレーが2種類ずつ。「ミネストローネ」は、にんじんやたまねぎ・キャベツのほかに、白いんげん豆も入って具だくさん。それにトマトの酸味と旨味が絡むフレッシュなスープです。

北海道産コーンをたっぷり使い、野菜ブイヨンと豆乳で仕上げた「コーンスープ」は、スイートコーンの自然な甘みが口いっぱいに広がります。
「野菜カレー」は、定番のじゃがいも・たまねぎ・にんじん以外に、ごぼうとかぼちゃで風味高くやさしい味わいに。「きのこと豆カレー」は、しめじやマッシュルームなどの香りと、ひよこ豆や赤いんげんなどの食感が楽しめる一品。

どちらも米粉でとろみをつけた、まろやかでコクのあるカレーとなっています。
グルテンフリーシリーズは、資生堂パーラーの各店舗とオンラインショップから購入することができます。

忙しいときでもサッと手軽に用意でき、おいしくて健康的な食事が楽しめるレトルトシリーズを、あなたの食生活にも役立ててはいかがでしょうか。
photo / 株式会社 資生堂パーラー
取材協力
株式会社 資生堂パーラー
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Sheage(シェアージュ)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう