想像以上のおいしさ。ほぼ日「カレーの恩返しカレー」がレトルトの次元を超える

ほぼ日の糸井重里さんが考えた、仕上げ用スパイスミックス「恩返しカレー」に、レトルトカレーが新登場!スパイスのおいしさを心ゆくまで味わえる、王道のチキンカレーです。発売に先駆けてひと足先にお味を確かめてみたので、実食レポでそのお味をお届けします♪

2020年1月6日 更新

スパイスミックス「恩返しカレー」に、レトルトが登場

Photo by macaroni

コピーライターの糸井重里さんが会社を設立し、「ほぼ日手帖」の販売や「ほぼ日刊イトイ新聞」の発行を行っている、株式会社ほぼ日。 今回、ほぼ日から糸井重里さんが考えた仕上げ用スパイス「恩返しカレー」に、新シリーズが登場!新登場した「カレーの恩返しカレー」は、スパイスをふんだん使い、玉ねぎをあめ色になるまで炒めた、本格的なレトルトチキンカレーです。 「ここまでおいしくなるなんて想像してなかった」といわれる「カレーの恩返しカレー」の気になる味を、実食レビューでお届けします。

4gのましましスパイスが入ってる!

Photo by macaroni

「カレーの恩返しカレー」というユニークなタイトルと、目を引く黄色のパッケージを開けてみると、ルーが入った白いパックと、4gの「カレーの恩返し」が入っていました。スパイスはカレールーにもたっぷり使用されていますが、お好みでスパイスを足せるのはうれしいですね。

フライパンであたためるのがおすすめ

Photo by macaroni

レトルトカレーは、お湯やレンジであたためるのが一般的ですが、パッケージには「フライパンであたためるのが、けっこうおすすめです」と書いてあります。その通りに調理してみましょう!

Photo by macaroni

さっそく調理方法通り大さじ1杯の水と、レトルトカレーをフライパンに入れて加熱。コトコトとルーがあたたまると、すぐにスパイスの華やかな香りがふわっと漂います! 他の加熱方法はパッケージの裏面に書いてあるので、フライパンが用意できない方でも調理方法は心配いりませんよ。レンジの場合は500Wで2分、お湯であたためる場合は、パックのまま3〜5分あたためてくださいね。

ましましスパイス「カレーの恩返し」を投入!

Photo by macaroni

今回は、付属のましましスパイス「カレーの恩返し」をすべて投入してみました。本格的なスパイスの香りが鼻を抜け、さらに食欲をそそります。 スパイスを加えるとサラサラしていたルーが少しどろっとして、重量感が増したように感じます。

華やかな香りを漂わせる、チキンカレー

Photo by macaroni

「カレーの恩返しカレー」と白米を、お皿に持って完成です。遠目で見てもわかるチキンのごろっと感と、それに絡むたまねぎとスパイスが調和したルーに、喉が鳴ります。

Photo by macaroni

チキンは、加熱しているときからホロホロと柔らかいのが感じられ、食べる前から「どんな食感なんだろう……」と期待してしまうほど。 レトルトカレーとは思えないほど、チキンがごろっと贅沢に入っていてなんだかわくわくします。

食べた瞬間に感じるスパイスの香りと奥深い甘さ

Photo by macaroni

白米とカレーをすくってひと口……。食べた途端に感じるのは、本格的なスパイシーさとあめ色になるまで炒められた玉ねぎのまろやかさ。鶏肉は、期待通りしっとりとしていてホロホロと口のなかでとろけました。 とってもスパイシーですが、想像していたよりも辛さはマイルド。編集部員たちも「スパイスの香りが強いのに辛すぎない!」と、レトルトとは思えない完成度に驚きを隠せない様子でした。 お店で食べるカレーと何ら遜色ありません。糸井重里さんが「ここまでおいしくなるなんて想像してなかった」というのも納得です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS