ついで買いに!無印良品の新作ディップソースがマヨ好きを魅了する

今、無印良品では「調味料」の棚が充実しています。先日発売されたマヨネーズに続き、新たに登場したのが「ディップソース」。グリーンとサーモンピンクの2色の瓶は、思わず手に取ってみたくなるほど魅力的なんですよ。どんな味わいなのか気になる方のために、詳しくご紹介したいと思います♪

2019年5月30日 更新

ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

無印良品の調味料シリーズに新作!

Photo by akiyon

無印良品の「調味料」シリーズは、塩やしょうゆ、酢と、どんどんラインアップが充実しつつあるのをご存知ですか?最近では「マヨネーズ」が新加入し、レベルの高い味わいが評判になっているんですよ。 今回ご紹介するのは、そんな話題のマヨネーズの味わいを生かした新作、「ディップソース」です。「バジル」と「赤ピーマン」の2種のソースを味比べしながら、詳しくご紹介します♪

1. パルメザンとの相性抜群!「ディップソース バジル」

Photo by akiyon

350円(税込)
「ディップソース バジル」は、パルメザンチーズとバジルを合わせて作られたマヨネーズソース。コクのある味わいで、隠し味としてにんにくと黒こしょうが加えられています。 内容量は150gで、無印良品らしいシンプルなデザインの瓶入りです。使い方は、野菜のディップソースとして使うほか、蒸し鶏やスモークサーモンに添えてもOKとのこと。ひと瓶でいろいろなアレンジ料理に使えそうです♪

バジル香るまろやか味

Photo by akiyon

ほんのり緑色をしたソースは、バジルの香りがとてもさわやか!味見してみて、まずはじめに感じたのは、コク深いまろやかさです。マヨネーズとパルメザンチーズが合わさることで味わい深くなり、リンゴ酢の酸味や甘みが全体の味を引き締めています。 バジルの風味が際立つので、淡泊な味わいの肉や魚の料理と合わせると効果的。少し添えるだけで、たちまちイタリアンテイストに変身しますよ♪

白身魚のソテーに添えてイタリアンディナー

Photo by akiyon

白身魚に小麦粉をふり、オリーブオイルでカリッと焼いたソテーに「ディップソース バジル」を添えてみました。たったこれだけで、味わいもビジュアルもおもてなし級にランクアップ! 白身魚の淡泊な味わいと、ソースのコクと香りがよく合いますよ。パンやスープ、ワインなどと合わせて、ゆったりと食事を楽しみたいですよね♪

2. 野菜の食感が楽しい「ディップソース 赤ピーマン」

Photo by akiyon

350円(税込)
「ディップソース 赤ピーマン」は、マヨネーズに、赤ピーマンなどの野菜を合わせたディップソース。野菜は酢漬けになっていて、さわやかな酸味を味わえます。 トマトやにんにくといった素材も入っており、食べやすいように調味されているので、まずはそのまま野菜をディップして食べるのがおすすめです。内容量はディップソースバジルと同じく150gです。

ピクルスの酸味と食感が楽しい♪

Photo by akiyon

ソースはサーモンピンクのような色合いで、刻んだ野菜ピクルスがたくさん!食感が楽しく、酸味と甘み、コクが一体となった味バランスが秀逸です。 「ディップソース バジル」がまろやかな味わいだったのに対し、こちらはもう少し酸味が強めできりっとした味わい。両方をうまく使い分けた料理アレンジを考えるのも、楽しそうです♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS