クイックカップ世界初導入!「ブルーボトルコーヒー」大丸東京店がOPEN

2019年4月24日(水)より、国内13店舗目となる「ブルーボトルコーヒー」大丸東京店がオープン。おいしいコーヒーをクイックに飲むことができる新カテゴリー「クイックカップ」が世界で初めて導入されています。素材から抽出方法までこだわりがいっぱいのコーヒー、ぜひ楽しんでみてください♪

2019年4月26日 更新

国内13店舗目!「ブルボトルコーヒー大丸東京カフェスタンド」オープン

2019年4月24日(水)より、「ブルーボトルコーヒー」が大丸東京店にオープン。オフィスビルが立ち並ぶビジネスの中心地で、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを楽しめます。
今回もカフェの空間デザインは、スキーマ建築計画の長坂常氏が担当。コーヒーバーカウンターには、家電の裏などに使われている木チップの繊維ボードを使用し、どこか親しみやすさのある質感。

また、これまでの店舗にはない温かみのあるブラウンが基調カラーに用いられており、コンパクトなサイズながらも存在感のあるカフェスタンドです。

クイックカップについて

クイックカップ

クイックカップ

クイックカップは忙しい毎日を送るビジネスマンや観光客の人など、様々な立場の人に「おいしいコーヒーを届けたい」という思いから生まれたカテゴリーです。ハンドトリップコーヒーよりもクイックに受け取り、クイックに飲みきることができるのが特徴です。
抽出方法は、ドリップマシン。ブルーボトルコーヒーは「おいしさ」と「クオリティ」を担保するために、マシンの選定からブレンド豆の開発、独自の焙煎方法や抽出レシピの開発までを含むさまざまなテストを実施。

その結果、納得のいく味わいのコーヒーが誕生。使用したコーヒー豆は、新たに開発したドリップマシン専用のブレンド「Moment’sNotice(モーメンツ・ノーティス)」。チョコレートを思わせるベースノートにバタースコッチの甘さが加わったようなバランスのとれた味わいが特徴で、ドリップマシンのイメージを覆す、まるでシングルオリジンのような明るさと華やかさを彷彿とさせます。

また、この商品は最後までおいしさを保ちながら飲みきれるようにと、通常のハンドドリップよりも小さい 8oz(240ml)で提供されます。
「ブルーボトルコーヒー 大丸東京カフェスタンド」ではこのほかにも、「アメリカーノ」「カプチーノ」「ラテ」「モカ」を始めとするエスプレッソドリンクや、「ニューオリンズ」や「コールドブリュー」などのアイスドリンク、カフェインを抑えたい日に飲みたい「レモーネード」など豊富なメニューがラインナップ。気分に合わせて、お好みのドリンクを楽しめますよ。

店舗概要

名称:ブルボトルコーヒー大丸東京カフェスタンド
住所:〒100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1
開店日:2019年4月24日(水)
営業時間:8:00~21:00(平日)
8:00~20:00(土日祝日)
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう