精進料理? おもてなし料理? お盆に作る料理とは

夏のお盆どき、みなさんは何を食べていますか? 精進料理? それともおもてなし料理? あらためて考えると、何を食べるべきかイマイチ分かっていないという人は多いでしょう。そこで、お盆に作るべき料理について掘り下げてみましょう! 精進料理の由来やおすすめレシピまで一挙ご紹介します。

2019年5月23日 更新

お供え物が由来。お盆に精進料理を食べる風習

ご先祖様たちが帰ってくるとされているお盆。その時期になると仏前には豪華なご飯をお供え物として用意するのが一般的ですが、昔はそれが精進料理だったとのこと。

そして、お盆の時期は家族もご先祖様も同じ食事をするのが習わしだったことから、お盆に精進料理を食べる風習が根づいたそうです。

そもそも精進料理とは

精進料理とは穀物、野菜、豆類、海藻類など植物性の食材のみを使って作られる料理のことです。殺生を戒める仏教の思想からきたもので、肉類などの動物性の食材は禁忌とされています。

かといって野菜ならなんでも使っていいかというとそれも違い、五葷(ごくん)と呼ばれるネギ属の食材も使ってはいけないという決まりがあります。この五葷(ごくん)にはニンニク、ネギ、ニラ、玉ねぎ、らっきょうが分類され、これらは香りが強いことから避けられているのです。

最近はおもてなし料理が主流

お盆に精進料理を食べる風習は残っていますが、今では残念ながらその文化が薄れてきています。

そのかわりに、お盆は親戚の方が大勢集まることからみんなで楽しめる大皿の料理がふるまわれるように変化してきています。

みんなでワイワイ食べられる豪華なおもてなし料理を用意すれば年代の違う人たちも一緒に楽しめるので、これはこれでいいのかもしれませんね。

伝統を重んじて。お盆におすすめの精進料理7選

1. 木綿豆腐で定番おかず!オクラの白和え

木綿豆腐とお蔵で作った白和えの盛り付け画像

Photo by macaroni

白和えはほうれん草で作ることが多いですが、夏が旬のオクラを使って、お盆にもピッタリなひと品に。使うお豆腐は木綿豆腐にして食べごたえをアップ。ゴロっと入ったオクラと一緒に食べれば満足感もバッチリです。すりゴマをたっぷり入れて風味満点に仕上げて、たっぷり食べてくださいね。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう