駒沢「プリティ シングス」でコーヒーとデザインされた空間を味わう

駒沢大学前にあるコーヒーショップ「PRETTY THINGS(プリティ シングス)」は「Bowery Kitchen」や「ロータス」等を手掛けている空間プロデューサーの山本宇一さんがオーナーのお店と話題です。

コーヒーショップ「PRETTY THINGS(プリティ シングス)」

田園都市線の駒沢大学駅で下車し、少し歩いていくと駒沢大学深沢キャンパスの目の前にある「PRETTY THINGS (プリティシングス)」が見えてきます。ここは「Bowery Kitchen」や「ロータス」等を手掛けている空間プロデューサーの山本宇一さんがオーナーのお店と話題です。

親近感がわくような店内

店内は明るい印象で、白い壁に木製の天井とセンスを感じる空間が演出されいているそうです。天井からはアンティークなシャンデリアがぶら下がり、立派なオーディオ装置にターンテーブル、棚には洋書、雑貨、馬や猫の置物などが飾られていて、不思議と懐かしく、親近感が沸くとか。
オリジナルのマグカップやトートバッグのデザインもおしゃれでかわいい♪

こだわりのコーヒー

コーヒーはダイレクト浸水方式と従来のドリップの組み合わせでリッチなコクのあるおいしいコーヒーができるというCLEVER COFFEE DRIPRER(クレバーコーヒードリッパー)で淹れています。珈琲の種類にもよると思いますが、ドリップするよりも軽いスッキリしたような感じになるとか。
コーヒーの種類は自家焙煎のケニヤ、エチオピア、コロンビアの3種。

おしゃれにコーヒーを楽しめる♪

テイクアウトも!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう