ライター : emi_

お料理を作るのはもちろん食べることも大好きです。仕事柄、地方に行くことが多いので、おいしいものはないかな?といつも探しています。趣味はわんこと公園で昼寝。たき火。皆さんにお…もっとみる

100年を超える老舗ブランド「ウィルキンソン」とは

実は日本初のブランド

「ウィルキンソン(Wilkinson)」は名前から海外から輸入されていると思われがちですが、実は、日本生まれで100年以上も続く老舗ブランドなんです。 「炭酸」という語源もウィルキンソンから派生したんですよ。強めの炭酸ガスから生まれる爽快な味わいは、今も昔も大人気!炭酸水、炭酸飲料、低アルコール飲料、ジン、ウォッカなどを販売しています。

おもな商品ラインナップ

ウィルキンソンといえば、やっぱり炭酸水ですよね。 シュワっとして喉越し爽快!バーテンダーの方々から高評価だった知る人ぞ知る存在だったウィルキンソンの炭酸水。一般ユーザー向けにも販売され大人気になりました。レモンやグレープフルーツなどのフレーバーも人気です。 おすすめは、ジンジャーエールです。ウィルキンソンのジンジャエールは2種類あります。ひとつは甘口のジュースのようなジンジャーエール。もうひとつは、舌が痺れそうな辛口のジンジャーエールです。

辛口がクセになる!定番の「ジンジャーエール」

ウィルキンソンの本格的なジンジャーエール、どんな味か気になりますよね。辛口はジンジャー感抜群!飲むと生姜の味をダイレクトに感じることができます。もちろん、ジンジャーの香りもグラスに注ぐときから漂ってきますよ。 伝統的なゴールデンタイプのジンジャーエール、そのまま飲んでもおいしいのですが、カクテルなどにオリジナルな風味やアクセントを加えるにもぴったりです。

瓶とペットボトルの2種類

190ml リターナブル瓶

ITEM

アサヒ ウィルキンソン ジンジャエール辛口 リターナブル瓶 190ml×24本

¥2,314 ※2019年04月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

舌には痺れるような刺激、飲むと爽快!いい意味で喉がヒリヒリするような大人のジンジャーエールといえば、ウィルキンソンの辛口ジンジャーエールです。 正統派のゴールデンタイプなので、昔懐かしい味を楽しみたい方にもおすすめ。1本で満足できる高品質のジンジャーエールです。

500ml ペットボトル

ITEM

アサヒ ウィルキンソン ジンジャエール 500ml×3本

¥292 ※2019年04月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらは、ペットボトルタイプの辛口ジンジャーエールです。味は瓶もペットボトルも変わらぬおいしさを楽しめます。 飲むほどにクセになりピリッとした辛みと刺激がほしい人にはぴったりです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS