ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ダイニングの丸テーブルの選び方

サイズ

1~2人用

ひとりからふたりの人数で使う丸いダイニングテーブルは、直径60cmから70cmの大きさがぴったりです。70cmの大きさであれば、3人まで一緒にお茶を飲んだり、テーブルを囲むことができます。

3~4人用

3人から4人の人が無理なくテーブルを囲むためには、直径がだいたい80cmから100cmほどあるものを選ぶといいでしょう。家族が増える予定がある人や、ゲストを迎えての食事などの予定がある人は直径110cmがあると使いやすくなります。

4~5人用

家族全員や4人以上の人数で丸いテーブルを囲む場合は、120cm以上の大きさのものを選びましょう。120cmあれば、肘掛けやスツールがない椅子を6個までおくことが可能です。

丸テーブルのメリット&デメリット

メリット

全員の顔を見ながら食事を楽しむことができる、丸いダイニングテーブル。家族やお友達とおいしいお料理を囲みながら、楽しい会話に花を咲かせたいという人におすすめの形です。 また、丸い形はやわらかい雰囲気を空間に与えてくれます。四角い形のテーブルを置くよりも空間全体の雰囲気がやさしい印象になります。

デメリット

丸いダイニングテーブルは、四角型のテーブルに比べるとどうしても天板が狭く感じてしまう形です。 お部屋の隅に合わせて置くことができないのでデッドスペースを生みやすくなるのが特徴。ゆったりと使いたいという人は、座る予定の人数よりも少し大きめのサイズを購入するとちょうどいいですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS