機能性も抜群!人気のサンドイッチケースの選び方&おすすめ商品

サンドイッチを持ち運ぶ時に便利な、サンドイッチケースをご紹介します。ポイントは具材を崩さず、乾燥から守ってくれること。素材やタイプ別の選び方をチェックして、ぴったりなものを見つけましょう♪ 人気の折りたたみタイプのほか、レンジや冷凍保存が可能な機能性にすぐれた商品もありますよ!

2019年7月22日 更新

シリコン

シリコンタイプは、最近流行りのサンドイッチケースの素材。お好きな具材をはさんだ市販の食パンをシリコン部分にのせてはさむだけでOK。しかも、そのまま持ち運ぶことができるサンドイッチケースになります。サンドイッチだけではなく、流行りのおにぎらずも同じ要領で作ることができます。

シリコン素材なのでさっと洗うことができて、いつも清潔に使えますよ。

【タイプ】サンドイッチケースの選び方

セパレートタイプ

しっかりしたふた付きのサンドイッチケースです。四角形のほか、三角形をしたものなどもあり、形がくずれる心配がなく、膝の上にのせても安定感があること。ふたをお皿にするなど、いろいろな使い方ができます。

過去大ヒットした、食べたあとにスリムになる無印商品のような折りたたみタイプも、いろいろなメーカーで販売されています。ダイソーなどの100均でも、いろいろな商品がありますよ♪

シートタイプ

広げると平らになるシートタイプですが、使い捨てではありません。繰り返し使用できるうえ、お手入れしやすい、ということがポイント!すみずみまで洗うことができるので、サンドイッチを食べる頻度が多い方は、こちらがおすすめです。

食べたあとはぺったんこになるので、持ち運びにも便利。おすすめは丈夫なポリプロピレン製。電子レンジや食洗機が使えるものもありますよ。

セパレートタイプのサンドイッチケース5選

1. パール金属「レノン・折りたたみランチボックス」

ITEM

パール金属「レノン・折りたたみランチボックス」

サイズ:(組立時)約幅17.5×奥行10.5×高さ7.5cm、(収納時)幅17.5×奥行10.5×高さ1.5cm

¥495〜 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
食べ終わったらパタンとたためるランチボックスです。容器は湿気をしっかり逃すメッシュタイプ。高さもあり、仕切りが変えられるので、いろいろなサイズに対応してくれます。フタは赤のほか、茶色と青がありますよ♪ 持ち運びの便利さに定評があります。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう