機能性も抜群!人気のサンドイッチケースの選び方&おすすめ商品

サンドイッチを持ち運ぶ時に便利な、サンドイッチケースをご紹介します。ポイントは具材を崩さず、乾燥から守ってくれること。素材やタイプ別の選び方をチェックして、ぴったりなものを見つけましょう♪ 人気の折りたたみタイプのほか、レンジや冷凍保存が可能な機能性にすぐれた商品もありますよ!

2019年7月22日 更新

シートタイプ

広げると平らになるシートタイプですが、使い捨てではありません。繰り返し使用できるうえ、お手入れしやすい、ということがポイント!すみずみまで洗うことができるので、サンドイッチを食べる頻度が多い方は、こちらがおすすめです。

食べたあとはぺったんこになるので、持ち運びにも便利。おすすめは丈夫なポリプロピレン製。電子レンジや食洗機が使えるものもありますよ。

セパレートタイプのサンドイッチケース5選

1. パール金属「レノン・折りたたみランチボックス」

ITEM

パール金属「レノン・折りたたみランチボックス」

サイズ:(組立時)約幅17.5×奥行10.5×高さ7.5cm、(収納時)幅17.5×奥行10.5×高さ1.5cm

¥495〜 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
食べ終わったらパタンとたためるランチボックスです。容器は湿気をしっかり逃すメッシュタイプ。高さもあり、仕切りが変えられるので、いろいろなサイズに対応してくれます。フタは赤のほか、茶色と青がありますよ♪ 持ち運びの便利さに定評があります。

2. アーネスト「わんぱくサンドMogu×2」

ITEM

アーネスト「わんぱくサンドMogu×2」

サイズ:(組立時)幅16.5×奥行15×高さ6.5cm、(収納時)幅12.5×奥行15×高さ2.5cm

¥980〜 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
容器がガイドになる、詰替え不要のケースです。ボリュームたっぷりのサンドイッチを簡単きれいに作れるうえ、容器は半分に分解できるため、カットもラクラク♪ 食べ終わったらコンパクトに収納できることも魅力です。

3. LIMON「MOCOMICHI HAYAMI・デリランチボックス 」

ITEM

LIMON「MOCOMICHI HAYAMI・デリランチボックス 」

サイズ:幅16.6×奥行12.5×高さ7.3cm

¥1,933 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
速水もこみち氏プロデュースの、ポップな色合いのケースです。ポイントは、海外のたまごケースをモチーフにしたというフタ!高さがあるのでサンドイッチにぴったりです♪ フタを凍らせれば、保冷剤として使用することが可能です。

4. 竹中「お弁当箱・ラット・ランチボックス」

ITEM

竹中「お弁当箱・ラット・ランチボックス」

サイズ:約幅17.2×奥行11.2×高さ6.5cm

¥1,711〜 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
高さがあるサンドイッチもすっきり入るケースです。容量はたっぷり入る800ml、中仕切りがあり、フタにはパッキン付き。電子レンジと食洗機の使用可能、ということもポイントです。飽きのこないデザインで、カラーは4色展開されています。

5. 北欧クイジーン「サンドイッチお重」

ITEM

北欧クイジーン「サンドイッチお重」

サイズ:幅15.5×奥行15.5×高さ12.2cm

¥1,722〜 ※2019年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
みんなでピクニック♪ という時におすすめ。サンドイッチをお重で持って行けるケースです。もちろん1段だけで使ってもOK。上段のバスケットは折りたたみ可能です。上段のフタとバスケットのみ、電子レンジと食洗機の使用ができますよ。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう