男殺し丼の第1位が決定!材料3つ&レンジでできる秀逸アイデアに審査員拍手

簡単・早い・うまいが揃ったどんぶり「男殺し丼」。新しい時代にふさわしいナンバーワンを決める戦いに決着がつきました。80以上の読者応募から選ばれた3品と、macaroni編集部の料理好き女子考案の3品、計6つの中から選ばれたのは……?審査の様子と優勝結果をお届けします。

ニュー男殺し丼、ついに決定!

空のどんぶりを持っている

Photo by macaroni

平成初期に放映されたドラマ「デザートはあなた」から生まれた、男性をイチコロにするどんぶり「男殺し丼」。平成も終わろうとしている今、新しい時代の男殺し丼を決めるべく、読者の皆さまからどんぶりアイデアを募集していました。

80以上のアイデアが集まり、前回の記事ではノミネートとなった3つのどんぶりと、macaroni編集部の料理好き女子が考えた3つ、計6つのどんぶりをご紹介。いよいよ今回は第一位の発表です。

男殺し丼ってなに?今回の企画ってどんなことをしているの?というかたは、以下の記事を読んでみてください。

80以上の応募から選ばれたのはこの3つ!

まずは、応募の中からノミネートに選ばれた3つをおさらい。どのどんぶりが栄えある一位に輝くのでしょうか。はたまた、macaroni編集部の考案したどんぶりが選ばれてしまうのでしょうか。

1. kazu_deli_1111さん考案「ガツンと月見焼き鳥丼」

焼き鳥に黄身を乗せた月見丼

Photo by macaroni

焼き鳥の缶詰に、しょうゆとポン酢で味付けをしてレンジでチン。卵黄を乗せたらできあがり!

家に常備できる缶詰と、常に家にあるたまごという、お手軽な食材で作れる簡単どんぶり。火を使わずできるのも楽で良いですよね。もりもり頬張りたくなるスタミナどんぶりです。

2. omakosanさん考案「さば味噌梅マヨ丼」

さば味噌煮にマヨネーズがかかったどんぶり

Photo by macaroni

さばの味噌煮缶に梅干しをちぎり入れレンジでチン。マヨネーズをかけてできあがり!

こちらも、常備できる缶詰と、家にある梅干しを使って作れます。「いわしの梅煮」のような本格郷土料理がレンジで作れるなんてナイスアイデア!マヨネーズのおかげで、ごはんが進む男性好みの味に仕上がっています。

hana-chanさん考案「ベーコン丼 わさび醤油風味」

ベーコンに海苔とわさびが乗ったどんぶり

Photo by macaroni

海苔を混ぜたごはんにこんがり焼いたベーコンを乗せ、ベーコンの油としょうゆを合わせたタレをかけます。海苔とわさびを乗せてできあがり!

男性が好きなベーコン。甘みのあるベーコンの油が、海苔の風味とわさびの辛味と合わさって飽きずに食べられます。ごはんに海苔を混ぜているのも良いアイデアです。

macaroni編集部考案のアイデアも

読者応募のどんぶり以外に、macaroni編集部の料理好き女子が考案したどんぶりも審査対象。

・爆旨!とろ〜っと温玉から揚げ丼
・漁師のごまポン漬け丼
・ガリバタのり豚丼


それぞれのどんぶりの詳細を知りたいかたは、前回の記事をご覧ください。

「すげえうまそう〜!」いよいよ審査開始

審査員3名、審査開始の図

Photo by macaroni

さて、いよいよ審査がスタートです。

審査員はmacaroniの食いしん坊男子(?)の3人。左から、役員の世古、編集長の小久保、代表の大場です。

計6つのどんぶりを前に、お腹をすかせた3人から「おおすげ〜!うまそう〜!」と声が上がります。食べる前からすでに”男殺し”されている様子……。
審査用の試食ミニどんぶり

Photo by macaroni

6種類のどんぶりを公平に審査してもらうべく、3口ほどで食べられるミニどんぶりを用意。順番もくじ引きで決めました。

レベルの高さに真顔で悩む審査員たち

おいしそうな表情で試食審査する代表

Photo by macaroni

「超うまい、やばい」

「もっと重いかなとおもったけど、どんどんいける」

「全部そうだけど、こってりしたものにアクセントが加わっていて良い」

みんな本当においしそうに食べる……!男殺し丼というだけあって一見ボリューミーなものが多く見えますが、そこはさすがmacaroni読者&編集部。食材の組み合わせや調味料の使い方が絶妙で、食べやすく仕上がっているようです。
真剣に審査・議論する3人

Photo by macaroni

「ベーコンの塩気が、海苔のおかげでまとまってる」

「途中から、お茶漬けにしたいね」

「ご飯に味をつけてあるのがいい、一体感がある」

毎日のように話題の店を食べ歩いたり、週末家で料理をすることも多いという審査員の面々。斬新なアイデアに驚いたり、さらなるアレンジ方法を考えたりと、グルメ談義が盛り上がっていました。

栄えある第一位は・・・

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう