連載

お弁当箱に春がきた!ゆで卵コロコロ♪で魔法みたいに「花」やかに【おもしろグッズは笑顔の魔法】

行楽シーズンまでもう少し!お弁当のなかに春らしいおかずを入れたいときは、このグッズがきっと役立ちます。ゆで卵をコロコロ転がすだけで、まんまる卵が春らしいアレに大変身!? いったいどんな仕上がりになるのか、さっそくこの記事で確認してください。

コロコロするだけでゆで卵がアレに変身!?

花卵コロン

Photo by macaroni

ゆで卵の飾り切りってけっこうむずかしいんですよね。つるんとしてすべりやすいし、やわらかくて崩れやすいし、あれ?あれれ?なんて思っているうちに失敗作が積み上がっていたりして。

このちょっとコツのいるゆで卵の飾り切りを、誰でも簡単に、かつ見栄え良くできるとしたら……、俄然興味が湧きませんか?そこでご紹介したいのが、macaroniママユーザーの間で「便利!」と評判の「花卵コロン」。これさえあれば、包丁なんてなくてもOK!ゆで卵をコロコロするだけできれいに飾り切りできるんです。

ウェーブにする?ギザギザにする?

花卵コロンの本体は2つ

Photo by macaroni

花卵コロンは、スティック状の本体が2つセットになったアイテムです。ギザギザの鋭角な突起がついているオレンジ色は『ジグザグタイプ』。ウェービーな突起がついている黄色は『ウェーブタイプ』。
花卵コロンの先端にある顔のアップ

Photo by macaroni

どちらも使い方は同じで、この突起の上にゆで卵を押し付け、スティック上で転がすようにしながら切り込みを入れていきます。
はたしてどんなふうに仕上がるのか……、以下の動画でご確認ください。
上手に切り込みを入れるコツは、冷えて固まったゆで卵を使うことと、ゆで卵の中心辺りをギザギザ部分の端に刺すようにしっかりのせること、さらに、花卵コロンにゆで卵を軽く押し付けながらコロコロと転がすこと。

切り込みが1周したら、白身と黄身が崩れないようゆっくりとゆで卵の上部を外しましょう。

卵のお花でお弁当箱や食卓が華やかに

花卵コロンでつくった卵のお花に顔をつけて

Photo by macaroni

お花型になったゆで卵。そのままお皿にのせてもいいですが、たとえばこんなふうに目鼻をつけてもいいし、
花卵コロンの顔のアップ

Photo by macaroni

先端部分の突起をゆで卵に押し付ければ簡単にごまポケットを作れるので、
白身部分をキャラクターにしてしまってもかわいいですよね。黒ごまを刺してもっとつぶらな目にしてもいいし、小さなお口には野菜や調味料で色をのせても良いかも?
マッシュした黄身を絞り出してオードブルに

Photo by macaroni

さらに、黄身をマッシュして絞り袋で絞り出せば、ちょっとおしゃれなオードブルに。レタスとミニトマトだけのシンプルなサラダも、あっという間に小粋な前菜に変身です。

花卵コロンなら誰でも楽しく飾り切り

花卵コロンの使い方はこんな感じ

Photo by macaroni

「誰でも、簡単に」なんてウワサ、ウソっぽいなと思っていたんですが、試してみれば確かに簡単!人並み以上に不器用な私、実のところ最初はちょっと失敗したのですが、1、2個試したら力加減がわかり、以降は失敗せずに量産できるようになりました。これならまさに誰にでも、たとえば小さな子供にだってある程度のものはできそうです。
冬を耐え切った蕾がついに花開く春、お弁当箱やお皿の上に卵でお花を咲かせたら、より春らしい気分を楽しめるんじゃないでしょうか。肌寒い日がもう少しだけ続きそうですが、春を先取りするつもりで親子で飾り切りなんて、きっと楽しいと思いますよ♪

商品情報

delijoy 花卵(からん)コロン
■販売元:小久保工業所
■参考価格:165円(税別)※公式オンラインショップ
文・写真・動画撮影&編集/植松富志男(macaroni編集部)
▶︎おもしろグッズはほかにもいっぱい!

特集

SPECIAL CONTENTS