連載

ミキサーもブレンダーも必要なし!もむだけでジュースが完成する魔法の袋【おもしろグッズは笑顔の魔法】

毎回1品かわいくてユニークなキッチングッズを取り上げるこの企画。今回ご紹介するのは「手もみジューサー」。百均でも取り扱いのある人気の高いアイテムです。使い方はとっても簡単!楽しくモミモミするだけで、おいしいジュースができあがり♪

2019年2月19日 更新

楽しくモミモミ!「手もみジューサー」

手もみジューサーのパッケージ

Photo by macaroni

おうちでジュースをつくろうと思ったら、必要なものはなんでしょう。電動のミキサーやジューサー?いいえ、そんな本格的なものがなくても手軽につくれます。そう、「deLijoy 手もみジューサー」ならね。
というわけで、今回ご紹介するのは「手もみジューサー」。百均のチェーン店でも取り扱いのある品ですが、これ本当に便利なんですよ!あまりの人気に数年前にはテレビにも取り上げられていて、ウェブ上に公開されている活用レシピもいっぱい。

そして、使い方は簡単!とっても手軽においしいジュースを作れるんです。

手もみでジュース!その秘密は内側に

手もみジューサーの本体

Photo by macaroni

ボトルを平べったくしたような形状の手もみジューサー。素材は薄くやわらかなシリコンで、ちょっと力を加えるだけでゴムのように伸び縮みします。
手もみジューサーの内側にはイボイボが

Photo by macaroni

内側にはたくさんのイボイボが。この突起がなかに入れたフルーツに引っかかり、すりつぶす作業を助けてくれるようですね。
手もみジューサーを試用するにあたって用意したクリップ

Photo by macaroni

手もみジューサーを試すにあたって上のクリップを用意しました。なくても問題ありませんが、これさえあれば片手で口を押さえなくてもいいわけで、両手を使って効率良くモミモミできるはず。
さっそく手もみジューサーにイチゴと牛乳を入れ、イチゴ・オレをつくってみたいと思います。手もみするだけで上手においしくできるのか……、以下の動画をご覧ください。
イチゴをしっかりすりつぶすため、けっこうしつこくモミモミしなければならなかったんですが、結果としてイチゴ・オレが無事完成!フルーツの食感がほど良く残っていて、なかなか贅沢な飲み心地を楽しめました。試した印象として、細いストローだと果肉が詰まってしまうので、タピオカ用の太いストローを用意しておくのがおすすめです。

なお、モミモミするとき手もみジューサーに入れた牛乳は50ml。パッケージの裏書きで目安とされていた分量どおりです。フルーツはお好みでいいようですが、入れすぎるともみづらくなりそうなので4つに止めておきました。参考まで。

Let'sモミモミ!手もみジューサー3レシピ

手もみジューサーでつくったドリンク

Photo by macaroni

イチゴオレが上手くできたので、調子にのってほかにもいろいろつくってみました。思いつきに近いレシピばかりですが、まさかというくらいおいしくできて、手もみジューサー、やるじゃん!って感じです。

1. マンゴーフローズンヨーグルト

マンゴーフローズンヨーグルト

Photo by macaroni

使用したのは冷凍マンゴーと飲むヨーグルト。適量(飲むヨーグルトは50ml)を手もみジューサーに入れ、マンゴーの感触がなくなるまでモミモミしたら、グラスに移して飲むヨーグルトを注ぎ、混ぜ合わせればできあがりです。

凍っていたマンゴーがほどよく溶けて、一部がフローズン状に。マンゴーのまったりとした甘さとヨーグルトの酸味がマッチした、さわやかで飲みごたえのある一杯になりました。

2. バナナきなこ黒蜜オレ

バナナきなこ黒蜜オレ

Photo by macaroni

そろそろ梅、そして桜の季節ということで、和の要素を加えたドリンクも試してみました。

まずは手頃な大きさにバナナをカットして、牛乳50ml、きなこ大さじ1と一緒に手もみジューサーのなかへ。バナナの形がなくなるまでモミモミしたら中身をグラスに移し、牛乳を適量グラスへ注ぎます。全体を軽く混ぜ合わせたら、きなこ小さじ1を表面にふり、お好みで黒蜜をたらして完成です。

和菓子のお供によさそうな、おだやかで滋味深い味のドリンクです。甘めの味付けが好きな人は、バナナをちょっと多めにして、黒蜜もたっぷりかけてください。

3. 缶詰の黄桃でピーチオレ

缶詰の黄桃でピーチオレ

Photo by macaroni

最後は缶詰の黄桃を使ったレシピ。といっても、缶詰の黄桃をカットして、缶のシロップと一緒に手もみジューサーに入れ、牛乳を加えてモミモミしただけです。

シロップ漬けの黄桃なので、甘みは十分。牛乳との相性も良く、しっかりとした甘さのわりに清涼感のある仕上がりになりました。冷やしてから飲みたいなら、グラスの飲み口にラップをかけるか、画像のようにメイソンジャーを使ってフタをし、1、2時間ほど冷蔵庫に入れておきましょう。

アイデア次第でバリエーションは無限大!

手もみジューサー紹介記事のサムネイル用画像

Photo by macaroni

手もみジューサーのパッケージに「牛乳とフルーツを入れてもみもみ」とあったので、今回は主に牛乳とフルーツを使って試してみました。でも、それにこだわる必要はありません。果汁とフルーツを合わせてもいいし、食材と調味料を使ってソースやスープをつくることもできます。思いつきをいろいろ試せるおもしろくて優れたキッチンアイテムなので、ぜひ自分のアイデアを料理に生かしてみてください。

手でにぎってもみこむだけですから、大人はもちろん小さな子供でも楽しく調理できるはず。家族みんなで思い思いのジュースをつくったり、親子で集まって生ジュース会!なんて開催するのも楽しそうです。

どうです?「deLijoy 手もみジューサー」をひとつ手に入れるだけで、ひとの笑顔を見る機会が多くなるような気がしませんか?

商品情報

deLijoy 手もみジューサー
■販売元:小久保工業所
■参考価格:215円(税込)※公式オンラインショップ
文・写真・動画撮影・動画編集/植松富志男(macaroni編集部)

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう