6. パステル・デ・ナタ

こっくりした甘さが人気のエッグタルトの原型と呼ばれているスイーツがこちらです。ポルトガルでは食べるとき、シナモンとお砂糖をたっぷりかけていただくのだとか。そのぶん中のクリームは甘さひかえめで、たまごのコクが活きたコクのある味に。ちょっとしたおやつや食後のデザートには欠かせないスイーツです。

7. パン・デ・ロー

こちらはカステラの原型となったお菓子。中までしっかり熱を通しているのではなく半熟になっているのが特徴です。ふわふわの生地から顔をだすトロトロ食感はついうっとりしちゃいそう♪ 生地が黄色いのはたまごをたっぷり使っているからで、ポルトガルでは古くから親しまれているお菓子なんですよ。

ツウがおすすめのポルトガル料理3選

8. サルディーニャス・アサーダス

新鮮な脂ののったイワシの塩焼きにオリーブオイルをかけていただくシンプルな料理がこちらです。ほのかな塩気とオリーブオイルの風味がマッチし、素朴ながらも延々と食べ続けられてしまうおいしさ。パリッと焼けた皮の香ばしさも食欲をそそるひと品。

9. ムシュリアオン・ア・ポルトギアゼ

ムール貝をたっぷり使った、貝の旨味をダイレクトに楽しめるおつまみ的料理です。いわゆる酒蒸し料理で、ニンニクの風味がアクセントになっています。旨味が溶けだしたスープはパンに浸しながら食べると◎ レシピによってはソーセージを入れたりするので、さらに旨味がプラスされています!

10. セラドゥーラ

生クリームと練乳で作る甘いデザート、セラドゥーラ。くだいたビスケットやナッツ類と交互にクリームを盛る、サクサク食感が食べていて楽しいひと品です。ポルトガルではメジャーなデザートですが、そのぶんレストランなどではメニューにのっていないことも多いそうなので、これを頼むとツウと思われるかも?

ポルトガル料理でシーフードを堪能しよう♪

国の約半分が大西洋に面し、年間を通して安定した気候から海の幸に恵まれているポルトガル。国は知っていても、いざポルトガル料理と聞かれても何があるのかちょっとイメージしにくいかもしれません。 その実態は、新鮮な海の幸をふんだんに使ったシーフード料理のオンパレードでした♪ 身の締まった貝、脂ののった魚、それらとたっぷりの野菜を使った料理たちはどれも旨味が詰まった逸品だらけ。 もしポルトガルに旅行へ行くときは、ぜひおすすめの料理を口にしてみてください。はじける魚介の旨味を堪能して、ポルトガルを食べつくしましょう◎
Photos:11枚
鍋で作ったあさりの酒蒸し
あさりや豚肉などと蒸した料理の画像
白い器に盛り付けられたタラとじゃがいものコロッケ、ひとつは割れている
黒い器に盛られた、タラの上にじゃがいもの細切りをのせたバカリャウ・ア・ブラス
海老や貝類などの魚介と野菜で作った鍋の蒸し料理
左下に海鮮炒めのような料理、右上にカルド・ヴェルデというじゃがいものスープ
粉糖をかけたエッグタルトが盛られた画像
半熟カステラ、パン・デ・ローのホール
イワシの塩焼き料理、サルディーニャス・アサーダスのアップ画像
ココットのような器に盛られたムール貝の酒蒸し料理の画像
スプーンですくっているセラドゥーラの画像
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ