連載

性能重視で買うならコレ!中村まりこさん愛用の調理器具たち【料理上手の台所 Vol.74】

料理のプロってどんな道具を使っているの?そんな疑問に答えていこうというのが本企画。今回ご紹介するのは、海の街・逗子で料理教室を行いながらジャンルにとらわれないボーダーレスで独創的な料理を提案し続けている料理家、中村まりこさんの愛用品です。

2019年2月3日 更新

3.【炊飯道具】長谷園「かまどさん 三号炊き」

長谷園「かまどさん 三号炊き」

Photo by macaroni

「もう12年近く使っています。知名度の高い商品になってしまいましたが、私は流行る前から使っていました(笑)。

当時、お米を土鍋で炊きたい!という気持ちが強まって、いい土鍋はないかな?とネットで探し回ったんです。その結果として長谷園さんのHPに行き着いたんですけど、そこで語られていたものづくりの誠実さ、本質を語る言葉を読んで、これなら間違いないと思いました。

1回火をつけたら火加減なんてなにもせずにおいしく炊ける構造、最高です。使い込めばつかこむほどお米がなじんで、よりおいしくごはんが炊けるようになりますよ」

4.【オイルボトル】ローゼンダール「カラフポアラー」

ローゼンダール「カラフポアラー」

Photo by macaroni

「調理中に片手で使えるキレの良いオイルボトルがほしかったんです。このボトルはたまたま見つけて買ったんですが、こんなに油切れの良いボトル、なかなかありません。使ってすぐでも油がまったく垂れてこない、その性能の素晴らしさには感動しました。

加えて見た目が美しく、握りやすいところもいい。私が勧めたわけではないんですが、教室の生徒さんもみんな買って使っています」

5.【その他】ファルコン「エナメルベイクセット」

ファルコン「エナメルベイクセット」

Photo by macaroni

「調理器具は性能、道具としての本質が大事……と言いましたが、これに関しては完全に見た目で買いました(笑)。言い訳をさせてもらうと、そもそもは自分で選んだものではないんです。知り合いに強く勧められているうちに、こういうものもあったら便利かな?と思うようになってしまって。

でも、買ってよかったと思っています。ルックスに惹かれて買った品ですが、調理器具としての性能にも大満足。オーブン調理に使えますし、フレンチトーストを作るときや、作り置きのマリネを保存するときも便利です。アルミホイルでフタをすれば、オーブンでお米も炊けるんですよ」

性能優先で調理器具を選ぶなら

中村まりこさんの愛用品

Photo by macaroni

高性能な5つの調理器具。ストウブ、フィスラー、かまどさん……、ご紹介いただいたものの多くがよく知られている製品でした。それぞれ使いどころは違いますが、共通点はひとつ。その性能で話題となり、すでに一定の評価を得ていること。

「ブランドを意識したことはないんですよ。たとえば、かまどさんを買ったのはヒットするずっと前。日本米を炊くなら同じ日本の土壌からできたものでと考えたからです。煮込み料理に使うストウブを買ったのは、その特性がまさに煮物向きだったから」

あくまで性能で選んだ末に、人気ブランドの品にたどり着いた中村さん。道具としての本質で調理器具を選ぶと、性能を評価されている世界的な人気商品が選択肢のひとつになる。これは当然なのでしょう。
それはつまり、多くの場合、有名ブランドの製品にはその知名度に恥じないだけのクオリティがあるということ。素晴らしい調理器具を手にいれたいと思うなら、大勢に支持されている有名ブランドに的をしぼって選んでみるのも賢い選択と言えるかもしれませんね。
取材・構成・文/植松富志男(macaroni編集部)
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう