カルディの新作!「ハリッサ鍋の素」で異国の味を体験

カルディから新発売された「ハリッサ鍋の素」。エキゾチックな風味で、トレンド入りを果たした人気の調味料「ハリッサ」を楽しめる便利な鍋の素です。ハリッサ未体験の方もきっと好きになれる魅力的な味わい♪ 実際に調理しながらレポートしましょう!

2019年1月23日 更新

エキゾチックな鍋の素が新発売!

カルディ「ハリッサ風鍋の素」のパッケージ

Photo by akiyon

カルディで2019年1月より発売中の「ハリッサ風鍋の素」をご紹介します。「ハリッサ」は唐辛子をベースに香辛料などを加えたモロッコ・地中海生まれの旨味調味料で、ヨーロッパではポピュラーな存在。日本でも一昨年あたりからじわじわと人気が上昇し、トレンド入りを果たしてるんですよ♪

そんなエキゾチックなハリッサの風味を、簡単調理で手軽にいただける鍋の素とは!? 実際に調理しながら、その味わいと魅力を詳しくお伝えします。

具材と一緒に煮込むだけ!カルディオリジナル「鍋の素」

「ハリッサ風鍋の素」から出した2つの調味料パッケージ

Photo by akiyon

213円(税込)

カルディオリジナル「ハリッサ風鍋の素」は、1人前の鍋の素が2つ、異国情緒漂うパッケージに入って販売されています。

好きな具材と一緒に煮込むだけで完成する簡単調理。複雑な味わいの熱々料理があっという間にできあがるので、忙しいときにも重宝しますよ。また、常温保存タイプなので買い置きにも便利です♪
器に入れた調味料を匙ですくってるところ

Photo by akiyon

鍋の素はどろっとしたペースト状で、ベースは唐辛子とパプリカ。さらにポークエキスやにんにく、オニオンなどの旨みと、クミンやコリアンダーの風味が加わった、香り高い合わせ調味料です。

一見豆板醤のようですが、香辛料の風味がなんとも食欲をそそります。味見してみると、しっかりとした塩気とピリッとした辛味を感じます。少し甘味もあってバランスがよいですね。
鍋で煮込まれた具材にペーストを加えているところ

Photo by akiyon

作り方は簡単!鍋に水を入れて沸かし、好きな具材を煮込みます。唯一のコツは、具材に火が通ってから「ハリッサ風鍋の素」を入れること。カレーの作り方にも少し似ていますよね。 香辛料の風味をより楽しむためのこだわりが感じられます♪

あと引く旨辛味で食欲アップ

ハリッサ鍋と取り皿、お玉

Photo by akiyon

ハリッサ風の鍋に合う具材は、鶏肉や豚肉、ブロッコリー、じゃがいも、白菜、しめじなど。いつもお鍋料理に使っている食材を入れているのに、この鍋の素を投入するとカルダモンとクミンの香りがふわり♪ キッチンがエキゾチックな異国の香りに包まれます。
皿に具材とスープをよそっているところ

Photo by akiyon

スープは辛みの効いた旨味たっぷりの味わいで、具材を煮込むことによりさらにその旨味もアップ!辛みもきつすぎず、少し感じる甘味で食も進みます。スープだけでもずっと「飲み続けたい……!」あとを引くおいしさですよ♪
お皿に取り分けた鍋の具材

Photo by akiyon

1人分の量で分けられているので、「ひとり鍋」ができるのもこの商品の魅力。冷蔵庫に残った食材で、栄養バランスのよい熱々の料理が楽しめます。

フムスと一緒にモロッコづくし

皿に入れた具材、フムスとバケット、奥に鍋、お玉

Photo by akiyon

ハリッサ風味のお鍋と一緒に、モロッコのひよこ豆のディップ「フムス」で"モロッコづくし"はいかが?バケットを添えて、フムスをつけたりお鍋のスープに浸したりして、いつもとは違う、中近東のテーブル演出をしてみるのも楽しいですよ♪
ハリッサ風味のペーストは、カレーや焼きそばに少量混ぜてもOK!ご飯や麺料理によく合うので、いつもの家庭料理に加えて味の変化を楽しんでみてくださいね。

手軽に「ハリッサ」体験

手軽に「ハリッサ」体験

Photo by akiyon

話題の「ハリッサ」の味わいをとても簡単に味わえる「ハリッサ風鍋の素」。カレーが大好きな日本人なら、きっとお気に召すはず。

寒い日や食欲のない日にもぴったり!まだハリッサを未体験の方は、まずはお鍋で試してみてくださいね。

商品情報

■商品名:カルディオリジナル ハリッサ風鍋の素
■価格:213円(税込)
■原産国:日本
■内容量:70g(35g×2袋入り)
■カロリー:83kcal(1袋35gあたり)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう