30年以上のロングセラー!「アイスの実」の魅力に迫る

まんまるの形がユニークな「アイスの実」。一度は食べたことがあるという方も多いのでは?1986年から販売されている人気商品で、今も新しいフレーバーが続々登場しています。今回は、アイスの実の魅力や、アイスの実のアレンジレシピをご紹介します。

2019年2月27日 更新

30年以上の歴史!アイスの実とは

グリコが販売する人気アイス

「アイスの実」は、江崎グリコが1986年から販売しているロングセラー商品です。販売当初は紙箱に内袋が入ったパッケージでしたが、2009年に大リニューアル。パウチ容器に変更したことで、1粒だけ取り出したり全部取り出したりと、食べ方に合わせて開けられるようになりました。

手を汚さずに食べられるようになったため、アウトドアシーンでも人気が高まっています。

さらに、2013年には一袋に4種類の味が混ざっていたパッケージを「ひと袋に1つの味」に変更されています。

現在販売中の「アイスの実」の種類

濃いぶどう

ぶどう果汁が80%も入ったジューシーなアイスの実です。いわゆる「シャーベット」とはひと味違う、本格的な味わいが大人気。

「本物のぶどうを凍らせたよう」と言われるほど、その味は濃厚です。後味がすっきりしていて、甘いものがあまり得意ではないという男性にも好評なんですよ。

濃いみかん

「食欲がなくてもこれなら食べられる」とSNSで話題になっているのが、アイスの実の「濃いみかん」です。

温州みかんの果汁が80%の入っていて、甘酸っぱい味が口のなかに広がります。みずみずしいみかんのおいしさがぎゅっと濃縮されていて、幅広い年代に親しまれています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

4575

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう