ホットですっきり、アイスで爽快♪ グァバ茶の淹れ方と人気商品3選

グァバ茶はトロピカルフルーツ「グァバ」の葉を煮出して作るお茶のことを言います。私たちにはあまり馴染みないフルーツですが、茶葉はスーパーや通販でかんたんに購入できます。健康にいいとされているグァバ茶とは、一体どんなお茶なのでしょうか?

グァバ茶でエネルギーチャージ!

グァバ茶とは

熱帯の地域で盛んに栽培されている、南国フルーツ「グァバ」。黄緑色のゴツゴツとした丸いフォルムに、果肉は白色、赤色の2種のタイプがあるトロピカルフルーツです。日本ではあまり見かける機会はありませんが、オーストラリアや台湾など、日本人も多く旅行に出かける国々ではよく食べられています。

果肉や葉に含まれる栄養素は書ききれないほど豊富!古く中国では果肉以外に葉を煮出してお茶にしていたとか。ノンカフェインのお茶ということで妊婦さんや子供も飲めるお茶です。

どこで買える?

グァバのフルーツ自体は、沖縄や鹿児島などで少量作っている程度なので普段生活するなかではなかなか見かけませんが、グァバの葉を使ったお茶はスーパーやドラッグストアで購入することができます。また、お茶屋さんやアマゾン、楽天などの通販を通しても購入することができるので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

グァバ茶の知っておくべき魅力

独特な味と香り

グァバの果肉というものを、そもそも食べたことがない人も多いかもしれません。果肉自体の風味は、梨やリンゴ、桃などに例えられることが多く、白色のグァバはシャキシャキ、赤色はねっとりとした食感があるフルーツです。

その葉を使って作られるグァバ茶は、フルーツの葉ということもありとてもフルーティで、鼻から抜けるようなスーッとした香りとあと味が特長

また、ウーロン茶や緑茶にはない精油成分が働き、ホットで飲むとすっきりとした味、アイスにするとあと味に少しだけ苦味がありますが、思ったよりも飲みやすいお茶です。

グァバ茶の淹れ方と作り方

グァバ茶の淹れ方

スーパーやドラッグストアで購入できる市販の茶葉は、急須で淹れやすいティーバッグタイプのもの、やかんやお鍋に直接煮出すのに使いやすい茶葉がパッケージに直接入ったタイプなどの形態があります。

つぎに、タイプ別に分けて淹れ方をご紹介します。

ティーバッグの場合

1. 乾燥のグァバの葉15g程度を急須に入れ、熱湯を注ぐ。
2. 3分から5分そのままに。お好みの濃さに調整したらできあがり♪

鍋またはやかんの場合

1. 乾燥のグァバの葉5~10gと、約1Lの水を鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。
2. お湯が沸騰したら弱火で1~2分ほど煮込む。
3. 火を止めたら、茶漉しで濾して完成♪

グァバ茶の作り方

1. グァバの葉をよく洗い、丁寧に水分を拭き取る。
2. 2、3日、天日干しする。網やザルにのせるときには、葉が重ならないように置く。
3. フライパンで炒る。油は使わずに、弱火でじっくりと炒る。
4. 水分が飛んだら、フライパンから取り出し茶葉を両手で揉む。
5. 葉を揉んで水分が再度出たら、またフライパンで炒る。
6. 水分が完全になくなったらザルに広げ、乾燥させる。
7. できあがったら、乾燥剤と一緒に缶やビンに保管する。

グァバ茶のおいしい飲み方

ホットで

グァバ茶はホットで飲んだ方が苦味を感じづらく、スッとしたあと味を楽しむことができます。

鼻に抜けるようなすっきりとした風味は、グァバの果実を食べたことがある人からすると少し意外な味かもしれません。

特集

SPECIAL CONTENTS