ティーバッグの場合

1. 乾燥のグァバの葉15g程度を急須に入れ、熱湯を注ぐ。 2. 3分から5分そのままに。お好みの濃さに調整したらできあがり♪

鍋またはやかんの場合

1. 乾燥のグァバの葉5~10gと、約1Lの水を鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。 2. お湯が沸騰したら弱火で1~2分ほど煮込む。 3. 火を止めたら、茶漉しで濾して完成♪

グァバ茶の作り方

1. グァバの葉をよく洗い、丁寧に水分を拭き取る。 2. 2、3日、天日干しする。網やザルにのせるときには、葉が重ならないように置く。 3. フライパンで炒る。油は使わずに、弱火でじっくりと炒る。 4. 水分が飛んだら、フライパンから取り出し茶葉を両手で揉む。 5. 葉を揉んで水分が再度出たら、またフライパンで炒る。 6. 水分が完全になくなったらザルに広げ、乾燥させる。 7. できあがったら、乾燥剤と一緒に缶やビンに保管する。

グァバ茶のおいしい飲み方

ホットで

グァバ茶はホットで飲んだ方が苦味を感じづらく、スッとしたあと味を楽しむことができます。 鼻に抜けるようなすっきりとした風味は、グァバの果実を食べたことがある人からすると少し意外な味かもしれません。

アイスで

グァバ茶には、ハッカやシソに含まれている精油成分があります。あと味に少しだけ薬草のような苦味や強い清涼感を感じるのはこのせいです。 この清涼感を楽しみたい方には、ホットよりアイスの方がおすすめです。特に暑い日に飲むアイスグァバ茶の清涼感は格別!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS