都会の喧騒を忘れて。谷根千でおすすめの古民家カフェ10選

町並みに溶け込んだ古民家カフェが密集しているスポットとしても有名な東京は文京区谷中・根津・千駄木。今回は通称「谷根千」でおすすめの古民家カフェをご紹介します。情緒ある街をお散歩をしながら古民家カフェ巡りはいかがでしょうか?

2019年4月7日 更新

1. 【谷中】大正5年の建物でいただく、黄金のたまごサンド「カヤバ珈琲」

谷根千ではずせない名店が「カヤバ珈琲」。とっても古風な建物は大正5年に建てられたもので、そこで昭和13年に創業しました。

外観だけでなく、店内も当時のままでレトロ感満載。2階にはお座敷席もあり、店内にいるだけでタイムスリップしたような感覚を味わえる貴重なお店です。

たまごサンド

500円(税抜)

お店に訪れる多くの人が注文する「たまごサンド」。ふわふわの厚焼き玉子が挟まれていて、キラキラと輝く黄金色は目をうばわれてしまいます。

玉子は甘めでやさしい味わい。そこにパンに塗られたからしマヨがアクセントに。できたてのあたたかさも堪能してください。

店舗情報

2. 【谷中】週3営業!これが本当の隠れ家カフェ?「花歩」

小さな看板、そして週3営業という「花歩」。築60年の古民家を改装した趣のあるお店です。店内に入るとそのレトロさにおどろくと思います。

センスのいい小物や骨董品が飾られ、なつかしい思いに浸ってしまいそう。注文を受けてから豆を挽くコーヒーや、ひと品ずつていねいに作られるメニューの数々はどれも食べるとほっこりしますよ。
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

camel6808

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう